2018シーズンで引退する、Sayu、Haruka、Miho、Mihoからのメッセージ

2019/03/11

2018シーズンを持って引退しました、Sayu、Haruka、Miho、Miho 4名からのメッセージを掲載しました。

【Sayu】
こんにちは、Sayuです。

2018シーズンを持ってIBM BigBlue Cheerleadersを引退することにいたしました。

高校の時のコーチがBBC出身で、憧れて入ったBBC。
最高に楽しく、熱く、気がつけば2012年の秋から6年半活動させていただきました。

メンバーとの日々の練習やチーム作り、関係者との試合/イベント企画やBigBlue Familyの皆さまとの交流、千葉県八千代市そして茨城県つくば市の地域の皆さまとの交流、どの瞬間も本当に貴重な経験でした。

私がBBCに入った当初は、X League初の外国人QBがBigBlueに加わった年であり、そこからBigBlueの変革期をサイドラインで見ることができました。

今まで勝つことのできなかったチームに勝利したこと、泣くほど悔しかった試合、初めてのPearl Bowl出場そして優勝、Japan X Bowlの出場。大好きなBigBlueを応援することで、たくさんの熱い思いと感動を体験することができました。

その中でも、BigBlue Familyの皆さまの応援と歓声が、試合を重ねるごとに大きくなっていくのを感じられたことが、何よりも嬉しかったです。
特に、2017年のPearl Bowlではファンの皆さまから応援が始まり、会場中にその音が響き渡っていたのを今でも明確に覚えています。
BBCはファンの皆さまと一体型応援を目指し1試合1試合こだわって応援をしています。その想いはこれからも継続して行っていきますのでよろしくお願いします。

唯一の心残りは、日本一になる瞬間をBigBlue Familyの皆さまと共に迎えられていないことです!ですが、これからは私もファンの皆さまと一緒に熱く!応援してまいりますので、引き続きどうぞBigBlueそしてBigBlue Cheerleadersをよろしくお願いいたします。

本当にありがとうございました。



【Haruka】
BigBlue Familyの皆さまこんにちは。Harukaです。
この度BBCを引退することとなりました。

私がルーキーとして入ったのは2014年、BigBlueが初めてJXBへ進出した年でした。それから5年、思い返せばあっという間でBigBlueは私の全てとなっていました。

暑いフィールド、さわやかな風、大好きなアメフト!
そして客席を見上げると、どんな時も温かい声援で支えてくださるBigBlue Familyの方々!声をかけてくださったり、目を合わせて一緒に応援してくださったり、試合の一瞬一瞬が大好きでした!

BBCでの経験があるからこそ、今の私があり、かけがえのない思い出です。
特に、2017年シーズンからは私が教えているチアの子供たちを始め、たくさんの子供たちが一緒にパフォーマンスをしてくれました。BBCのようなチアリーダーになりたい!と子供たちが夢を持ってくれる存在にBBCがあり続けられればと思います。

そしてこの環境を作って支えてくださったすべての皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです。
引退はいたしますが、これからは陰ながらBBCをサポートし、皆さまに恩返しをさせていただきたいと思っております。 

今シーズンの新星BBCをどうぞよろしくお願いします!
皆さま、今年も日本一という頂点を目指して熱く駆け抜けていきましょう!


【Miho】
皆さまこんにちは、Mihoです。
2018シーズンをもちまして、BBCを卒業することにいたしました。

2016シーズンのパールボウル初優勝から始まったBigBlue大躍進時代に、BigBlue Familyの皆さまと大好きなチームを応援することができたこと、とても嬉しく思います。
青く染まったスタンドの景色、名プレーの数々、一丸となって掴んだ勝利の瞬間・・・これからも忘れることはありません。

BBCの一員となってからの3年間はかけがえのない宝物です。
応援して下さった皆さま、BigBlue関係者、チームメイトに心から感謝いたします。
今まで本当にありがとうございました。

これからはBigBlue、BBCを陰ながらサポートしていきたいと思います。
引き続き、進化を続けるBigBlueに温かいご声援をよろしくお願いいたします。

また試合会場でお会いしましょう!Go BigBlue!


【Miho】
皆さまこんにちは、Mihoです。
2017-2018シーズンBBCとして活動し、この度卒業することにいたしました。

学生時代は競技のチアダンスしか知らなかった私が、アメフトのチアリーダーをきっかけにアメフトというスポーツの面白さに惹かれ、BBCに入りBigBlueを応援して盛り上げたいという想いから、トライアウトに挑んだのが2年前。

1試合1試合こだわりながら迎えたどの試合も、興奮しながら帰路についていたのを今でも鮮明に覚えています。
決勝という最高の舞台でBigBlue Familyの皆さまと一緒に悔しさも喜びも分かち合いました。フィールドから見えるブルーに染まった客席からの声援には、私たちも圧倒されると共に感極まるものがありました。

BBCとしての活動は、私の人生にとってかけがえのない財産です。たくさんの感動をくれた選手、スタッフ、一緒に過ごした大好きで尊敬し合えるBBCメンバー、そして応援する喜びを教えてくれたBigBlue Family の皆さま、全員に感謝をお伝えいたします。

これからも皆さんと一緒にBigBlueを応援し続け、更なる飛躍を共に喜ぶ日を楽しみにしています!ありがとうございました。