個別試合レポート

First Stage 試合結果

IBM FRONTIERS
13 3 1st 7 41
3 2nd 7
7 3rd 17
0 4th 10
日時 2014/10/04
Kick off 14:00
試合会場 川崎富士見球技場
1st Stage Week 4: 富士通フロンティアーズ戦サマリー
BigBlueにとって勝てば東地区の1位が決まる第四節・富士通フロンティアーズ(以下、富士通)との対戦は、後半一気に得点を重ねた富士通に13-41と大差をつけられる結果となった。1Qそうそうに、富士通#3キャメロンから#81中村へのTDパスが決まり先制されるが、その後1Q終盤にBigBlueはK#8小田倉の27ヤードFGで3点を追加する。その後、富士通がモメンタムを掴みかけるが、BigBlueディフェンスが踏みとどまり追加点の無いまま2Qも終盤に入る。2Qも残り2分を切り、BigBlueはゴール前7ヤードまで攻め込むが決め手に欠けてK#8小田倉の24ヤードFGで6-7と追い上げる。しかし、その直後の富士通のシリーズで、再びWR#81中村にロングパスが通り、そのままTDを奪われ6-14と点差を広げられて前半を折り返す。

後半に入ると、3QにはBigBlueのディフェンスが乱れて相手の前進を許し、富士通#3キャメロン自らTDランを決めると、さらにQB#3クラフトのファンブルをリカバーされ、そのままTDを奪われる。さらにFGが成功し、3Qに17失点となってしまう。しかし、3Q終盤にはTE#40スタントンに2ヤードTDパスが成功し、やっとオフェンスにリズムが生まれる。しかし、RB#10末吉のランプレーが富士通ディフェンスに止められて、オフェンスのシリーズ構成が出来ず、BigBlueの得点は13点止まりとなる。逆に富士通は、4Qにも1TD/1FGを成功させ、10得点上げる。接戦に持ち込みたかったBigBlueではあるが、厳しい富士通のディフェンスにオフェンスが安定せず、特に#10末吉のランが止められたことが響いた。

QB#3クラフトは、20/31回-169ヤードと成功率はまずまずであったが、獲得距離では富士通#3キャメロンの21/30回-230ヤードが優った。また#3クラフトは3インターセプトを許し、オフェンスシリーズを確立する事が出来なかった。レシーバー陣も富士通の厳しいマークに会い厳しい状況であった。TE#40スタントンは7回/73ヤード/1TDをレシーブしたが、WR#17小川(3回/16ヤード)、WR#81栗原(3回/26ヤード)と本来の持ち味を出せずに終わってしまった。RB陣でも、#10末吉は13回/32ヤードとスクリメージを超えたところでタックルに会い、これまでの快調な走りが完全に止められてしまった。代わりにRB#21髙木は8回/67ヤードと奮闘したが、これもオフェンスを立て直すには力不足であった。

ディフェンス陣も、序盤にTDを許すものの、その後は厳しいシチュエーションでも相手の攻撃を止め互角の勝負を見せていた。しかし、2Q最後にTDを奪われ、その後3Qに入ってからはミスタックルも目立つようになり、一気にディフェンスが崩れてしまった。QBにプレッシャーを掛けるものの、そこからファーストダウンを奪うパスを通され、厳しい場面が続いた。

この試合の結果、最終戦でノジマ相模原が富士通に勝利すれば、3チームが4勝1敗で並ぶ可能性があるが、3チーム間での得失点差で、BigBlueは-11となってしまったため、現在-9(*1)のノジマ相模原も+20(*2)の富士通にも届かないため、2位以下が確定する。

(*1)ノジマ相模原の勝利が前提となるので、得失点差は-8以上になる。
(*2)得失点差は最大20点なので、大差で破れた場合も0点を下回ることは無い。
IBM   FRONTIERS
1 タッチダウン 5
1/1 ポイントアフタータッチダウン
1点(成功-回数)
5/5
1/1 フィールドゴール(成功-回数) 2/3
16 1stダウン獲得回数 22
6 ランによる1stダウン獲得回数 12
10 パスによる1stダウン獲得回数 8
0 相手反則による1stダウン獲得回数 2
283 総獲得ヤード 424
114 ラン獲得ヤード 181
31 ラン 33
169 パス獲得ヤード 243
20-31 パス(成功-試投回数 23-32
3 被インターセプト数 0
5-64 反則(回数-罰退ヤード) 3-15
1-1 ファンブル(回数-攻撃権を失った回数) 1-0
21:29 攻撃時間 26:21

得点経過

TEAM TIME PLAY PLAYER(S) PAT PLAYER(S) G/NG Score
FRONTIERS 1Q 03:03 Pass 35yds #3 Cameron → #81 中村 K #11 西村 G 0-7
IBM 1Q 11:11 FG 27yds #8 小田倉 3-7
IBM 2Q 10:45 FG 24yds #8 小田倉 6-7
FRONTIERS 2Q 11:50 Pass 37yds #3 Cameron → #81 中村 K #11 西村 G 6-14
FRONTIERS 3Q 02:28 Rush 1yd #3 Cameron K #11 西村 G 6-21
FRONTIERS 3Q 04:34 FUMRTD 35yds #13 平井 K #11 西村 G 6-28
FRONTIERS 3Q 07:48 FG 40yds #11 西村 6-31
IBM 3Q 11:21 Pass 2yds #3 Craft → #40 Stanton K #8 小田倉 G 13-31
FRONTIERS 4Q 01:52 Pass 9yds #3 Cameron → #25 成田 K #11 西村 G 13-38
FRONTIERS 4Q 06:07 FG 40yds #11 西村 13-41

RUSHING

背番号 members Att yards TD LG
10 末吉 (IBM) 13 32 0 8
21 髙木 (IBM) 8 67 0 30
33 森重 (IBM) 1 1 0 1
3 Craft (IBM) 8 19 0 17
81 栗原 (IBM) 1 -5 0 -5
29 Gordon (富士通) 9 48 0 15
6 神山 (富士通) 6 44 0 16
20 高野橋 (富士通) 9 53 0 23
3 Cameron (富士通) 4 16 1 14
32 後藤 (富士通) 4 18 0 7
12 平本 (富士通) 1 2 0 2

PASSING

背番号 members Att COMP INT yards TD LG
3 Craft (IBM) 31 20 3 169 1 16
3 Cameron (富士通) 30 21 0 230 3 37
12 平本 (富士通) 2 2 0 13 0 9

RECEIVING

背番号 members NO yards TD LG
83 松尾 (IBM) 2 20 0 12
40 Stanton (IBM) 7 73 1 16
17 小川 (IBM) 3 16 0 8
33 森重 (IBM) 1 1 0 1
81 栗原 (IBM) 3 26 0 11
10 末吉 (IBM) 2 15 0 8
21 髙木 (IBM) 1 10 0 10
89 円谷 (IBM) 1 8 0 8
1 強 (富士通) 6 49 0 11
17 秋山 (富士通) 5 37 0 13
21 中村 (富士通) 6 104 2 37
22 宣本 (富士通) 3 26 0 10
25 成田 (富士通) 2 23 1 14
20 高野橋 (富士通) 1 4 0 4

FIELD GOAL

背番号 members 1 2 3 4 5 ATT-GOOD
8 小田倉 (IBM) 27 ○ 24 ○       2/2
11 西村 (富士通) 45 × 40 ○ 40 ○     2/3

PUNT

背番号 members 回数 yards TB
11 原 (IBM) 2 51 0
3 Craft (IBM) 1 44 0

KICK OFF RETURN

背番号 members 回数 yards TD
7 岸本 (IBM) 1 12 0
81 栗原 (IBM) 4 70 0
21 髙木 (IBM) 1 12 0
22 宣本 (富士通) 1 27 0
44 前田 (富士通) 2 1 0
6 神山 (富士通) 1 5 0

QB SACK

背番号 members 回数 yards
97 岩熊 (富士通) 1 4

PUNT RETURN

背番号 members 回数 yards TD
6 神山 (富士通) 2 37 0

INTERCEPTION

背番号 members 回数 yards TD
14 三木 (富士通) 2 39 0
28 石井 (富士通) 1 0 0

FUMBLE RETURN

背番号 members 回数 yards TD
13 平井 (富士通) 1 35 1

最新試合結果