個別試合レポート

秋季リーグ戦 試合結果

IBM FINIES
13 0 1st 0 10
0 2nd 0
0 3rd 7
10 4th 3
3 OT 0
日時 2017/10/09
Kick off 14:00
試合会場 富士通スタジアム川崎
2017シーズン Week-4: エレコム神戸ファイニーズ戦サマリー

リーグ戦第四節の試合は、西地区から遠征をしてきたエレコム神戸ファイニーズ(以下、エレコム)との対戦。試合はタイブレークで決着が付く、激しい展開となった。

エレコムのキックオフで試合開始。QB#3クラフトはWR#81栗原へのパスでダウンを更新するが、その後のパスが通らずパントとなる。エレコムQB#11糠谷もWR#16和田、WR#81酒本へのパスが通り前進するがDB#23保宗のロスタックルが響き、やはりパントでファーストシリーズを終わる。その後、お互いにもう一度ずつパントを交換した後のBigBlueの攻撃。2ndダウンのパスを、エレコムDB#1ドレイパーがインターセプト。このチャンスに、エレコムのシリーズはRB#23カンゼリのランが止まらず攻め込まれる。

試合は2Qに入る。BigBlueの反則でエレコムはさらにボールをゴール前9ヤードに進めてファーストダウンを更新する。ここからRB#23カンゼリが突進するが、DB#1中谷、DL#44福岡と好タックルが続き前進を阻止。3rdダウンのパスも失敗し、エレコムは4thダウンで24ヤードのFGを狙う。K#15高野のキックは、飛び込んだDE#34ブルックスがブロック。転がるボールをDB#14宮川が確保して走るが、タックルを受けると後ろから追いかけてきたDB#23保宗へバックパス。さらにDB#23保宗がボールを進めて、自陣41ヤードからBigBlueの攻撃が始まる。しかしこの後も両チーム決め手に欠け、お互いにダウンは更新するものの得点には結びつかず、0-0のまま前半が終了する。

後半最初のエレコムの攻撃をパントに押さえ、BigBlue後半最初のオフェンスにはQB#2政本が登場。RB#21髙木のランに、自らのキープで敵陣に入りダウンを更新した最初のプレー。ターゲットのWR#85鈴木の前に反対側からLB#5谷が入るとパスをインターセプト。ここからエレコムは、RB#24芦田へのスクリーンパスで一気にゴール前7ヤードまで進むと、RB#23カンゼリのランで4ヤード進み、最後はWR#16和田へ3ヤードTDパスが成功し0-7と先制する。

この後のBigBlueの攻撃は、QB#2政本のパスが通らずパント。続くエレコムの攻撃も、DE#34ブルックスのQBサックで大きく下げられると、4thダウンで43ヤードFGを狙うが、これは失敗し得点は0-7と変わらない。

続くBigBlueの攻撃では、WR#18上廣へのパスの後、RB#21髙木、QB#2政本とランで大きく前進。敵陣22ヤードまで進んだところで、試合は最終4Qに入る。TE#40スタントンへのパスが9ヤードとなり、続くRB#21髙木が飛び込みダウンを更新してゴール前11ヤードでファーストダウンを更新。次のプレーでは、バブルで空いていたRB#10末吉にパスが通ると、そこからは自らのカットバックでタックラーをかわしてTDを奪い7-7の同点に追いつく。

次のエレコムのシリーズでは、WR#18佐藤、RB#24芦田、WR#16和田とパスを中心にシリーズを組み立てて前進。さらにWR#84常包へ28ヤードのパスが成功し、ゴール前14ヤードでファーストダウンとなる。ここからTDを狙うが届かず、4thダウンでは3度目のFGトライ。K#15高野は、今度は28ヤードのFGを成功させ、7-10とエレコムが再びリードを奪う。

ところが次の最初のプレーでQB#2政本がDL#99ペースのサックを受けてファンブル。再びエレコムが攻撃権を奪う。敵陣31ヤードからのエレコムの攻撃は、RB#23カンゼリが一気に24ヤード進みゴール前7ヤード。この後再び2ヤード進められるが、DL#44福岡が交替したQB#3木下をサックして5ヤード下げる。FGで3点を追加してもTDで逆転されるため、エレコムは4thダウン残り10ヤードでギャンブルを試みるがパス失敗。BigBlueの逆転を賭けたオフェンスが始まる。

QBは#3クラフトが再び登場すると、RB#21髙木、WR#81栗原とテンポ良くパスが続き敵陣に入る。この後もWR#81栗原、TE#40スタントンとパスが成功しゴール前15ヤードでファーストダウンを更新する。しかし、ここからエレコムのパスラッシュが厳しくなり、パスは失敗しQB#3クラフトもサックを受けて後退。4thダウンとなり、K#11佐藤が34ヤードFGを成功させ、10-10の同点に追いつき、試合はタイブレークに入る。

まずはBigBlueのオフェンスからスタート。ところがフレアーパスを受けたRB#21髙木がタックルを受けてボールをファンブル。それをエレコムがリカバーし1プレーで終わってしまう。続くエレコムの攻撃では、ディフェンスが踏ん張り4thダウンで40ヤードのFGを狙う。しかし、K#15高野のキックは右に外れて失敗。さらにタイブレークが続く。

攻守が入れ替わり、今度はエレコムの攻撃から。QB#11糠谷はいきなりTDを狙ったパスを投じるが、レシーバーと競り合いカットしたかに見えたDB#32小林がインターフェアの反則を取られる。ゴール前10ヤードから、RB#33長谷が2ヤード進めた後の2ndダウンの攻撃。WR#84常包を狙ったパスは、その前にDB#32小林が入り今度はインターセプト。先ほどのミスを自ら取り返す。次のBigBlueの攻撃では、無理をせずにRB#10末吉、RB#21髙木とボールを確実に進め、4thダウンではK#11佐藤が34ヤードのFGを狙う。両チームからのプレッシャーが掛かる中、K#11佐藤はこの試合2本目となる34ヤードFGをゴールポスト真ん中に蹴り込み、この試合の決着を付けた。
IBM   FINIES
1 タッチダウン 1
1/1 ポイントアフタータッチダウン
1点(成功-回数)
1/1
2/2 フィールドゴール(成功-回数) 1/4
18 1stダウン獲得回数 15
11 ランによる1stダウン獲得回数 4
7 パスによる1stダウン獲得回数 10
0 相手反則による1stダウン獲得回数 1
5-11 3rdダウンコンヴァージョン(成功-回数) 8-15
0-1 4thダウンコンヴァージョン(成功-回数) 0-0
310 総獲得ヤード 353
197 ラン獲得ヤード 115
32 ラン 36
113 パス獲得ヤード 238
12-25 パス(成功-試投回数 16-32
2 被インターセプト数 1
5-39 反則(回数-罰退ヤード) 6-45
2-2 ファンブル(回数-攻撃権を失った回数) 1-0
16:18 攻撃時間 31:42

得点経過

TEAM TIME PLAY PLAYER(S) PAT PLAYER(S) G/NG Score
FINIES 3Q 04:43 Pass 3yds #11 糠谷 → #16 和田 K #15 高野 G 0-7
IBM 4Q 00:52 Pass 11yds #2 政本 → #10 末吉 K #11佐藤 G 7-7
FINIES 4Q 07:47 FG 28yds #15 高野 7-10
IBM 4Q 11:45 FG 34yds #11 佐藤 10-10
IBM TB2 FG 34yds #11 佐藤 13-10

RUSHING

背番号 members Att yards TD LG
10 末吉 (IBM) 11 46 0 16
3 Craft (IBM) 4 1 0 7
21 髙木 (IBM) 9 65 0 30
40 Stanton (IBM) 2 12 0 9
2 政本 (IBM) 6 73 0 25
23 Canseri (ELECOM) 30 119 0 26
11 糠谷 (ELECOM) 4 -1 0 9
3 木下 (ELECOM) 1 -5 0 0
33 長谷 (ELECOM) 1 2 0 2

PASSING

背番号 members Att COMP INT yards TD LG
3 Craft (IBM) 20 10 1 96 0 21
2 政本 (IBM) 5 2 1 17 1 11
11 糠谷 (ELECOM) 32 16 1 238 1 57

RECEIVING

背番号 members NO yards TD LG
81 栗原 (IBM) 5 49 0 19
19 鈴木 (IBM) 1 7 0 7
18 上廣 (IBM) 1 6 0 6
10 末吉 (IBM) 1 11 1 11
21 髙木 (IBM) 3 29 0 21
40 Stanton (IBM) 1 11 0 11
16 和田 (ELECOM) 4 52 1 23
81 酒本 (ELECOM) 2 15 0 8
84 常包 (ELECOM) 3 60 0 28
24 芦田 (ELECOM) 3 71 0 57
83 東内 (ELECOM) 2 19 0 15
23 Canseri (ELECOM) 1 9 0 9
18 佐藤 (ELECOM) 1 12 0 12

FIELD GOAL

背番号 members 1 2 3 4 5 ATT-GOOD
11 佐藤 (IBM) 34 ○ 34 ○       2/2
15 高野 (ELECOM) 24 × 43 × 28 ○ 40 ×   1/4

PUNT

背番号 members 回数 yards TB
11 佐藤 (IBM) 4 142 0
15 高野 (ELECOM) 4 160 0

KICK OFF RETURN

背番号 members 回数 yards TD
81 栗原 (IBM) 1 29 0
19 鈴木 (IBM) 2 42 0
18 佐藤 (ELECOM) 1 14 0
24 芦田 (ELECOM) 1 21 0

QB SACK

背番号 members 回数 yards
34 Brooks (IBM) 1 10

PUNT RETURN

背番号 members 回数 yards TD
21 髙木 (IBM) 2 40 0
18 上廣 (IBM) 2 -7 0
34 Brooks (IBM) 1 11 0
23 保宗 (IBM) 0 23 0
28 山上 (ELECOM) 3 12 0
81 酒本 (ELECOM) 1 3 0

INTERCEPTION

背番号 members 回数 yards TD
32 小林 (IBM) 1 0 0
1 Draper (ELECOM) 1 3 0
5 谷 (ELECOM) 1 9 0

FUMBLE RETURN

背番号 members 回数 yards TD
99 Pace (ELECOM) 1 0 0
7 加藤 (ELECOM) 1 0 0

最新試合結果

試合予定