個別試合レポート

秋季リーグ戦 試合結果

IBM CHALLENGERS
10 0 1st 0 0
3 2nd 0
0 3rd 0
7 4th 0
日時 2017/10/29
Kick off 11:10
試合会場 エキスポフラッシュF
2017シーズン Week-6: アサヒ飲料チャレンジャーズ戦サマリー

リーグ戦最終節は、今季初の大阪遠征の試合となり、昨年と同じくアサヒ飲料チャレンジャーズ(以下、アサヒ飲料)と会場も同じくエキスポフラッシュフィールドでの対戦。台風の影響で時折強く風や雨が舞う中、アサヒ飲料K#17西岡のキックオフで試合が始まった。

最初のシリーズをお互いにパントを交換した後の2回目のBigBlueの攻撃シリーズ。RB#37伊藤のラッシュの後、サックを避けながらパスポケットから走り出したQB#3クラフトがTE#40スタントンへパス。スタントンはサイドライン際を駆け上がり、34ヤード進める。2ndダウンでは、RB#10末吉がハンドオフを受けると、中央を一気に抜けるが、DB#18谷原のタックルを受けファンブル。先制のチャンスを逃す。

1Q終盤、自陣32ヤードからのアサヒ飲料の攻撃では、QB#10ニズナックがラッシュから逃げながらもフィールド中央でフリーとなったWR#1キングにパスをと押すと、一気にゴール前25ヤードまで運ぶ。ここからアサヒ飲料はRB#22川淵にボールを集めて突破を狙うが、BigBlueディフェンスも厚い守りで耐える。4thダウン残り4ヤード、ゴール迄7ヤードとなったところで試合は2Qに入る。サイドが代わり、キッキングチームが入り20ヤードのFGを狙うアサヒ飲料。しかしスナップと同時に左エンドから走り込んだDB#20矢部が右手でキックボールをカットし、FGを失敗に追い込む。

その後天候も厳しくなる中、両チームともに攻めあぐねて4thダウンパントを2回ずつ繰り返した後のBigBlueの攻撃。前のシリーズから交替したQB#2政本がWR#16梶川へ17ヤードパスを通してダウンを更新すると、RB#37伊藤が2回運んでゴール前8ヤードまで進む。ここからWR#19鈴木、RB#10末吉と突破を試みるが4thダウン4ヤードが残る。ここでK#11佐藤が登場すると、22ヤードのFGが成功。この後のアサヒ飲料の攻撃を押さえて、3-0で前半を折り返す。

後半はアサヒ飲料の攻撃から再開。左右への早いタイミングのショートパスが効果的に決まり敵陣にはいるが、ディフェンスのプレッシャーにQBのコントロールも乱れて失敗が続き、4thダウンパントとなる。

3Q中盤からのBigBlue最初の攻撃はQB#2政本のQBキープが続き、9ヤード、8ヤードとゲインを重ねる。これでアサヒ飲料の守備が上がり気味になったのか、右オープンへでたWR#85鈴木へ30ヤードのパスが成功し、一気にレッドゾーンに迫る。ここからDB#8フロイドとマッチアップするWR#82白根に2回TDパスを狙うが失敗。K#11佐藤が35ヤードのFGを狙うが、強い風に流され左にそれて失敗。追加点を上げることが出来ない。

自陣20ヤードからのアサヒ飲料の攻撃。短いパスを繋げて3rdダウン残り4ヤード。ラッシュを避けながらもターゲットを探して正面に投げ込んだパスを、DB#1中谷がインターセプト。21ヤード戻し、敵陣17ヤードからBigBlueの攻撃が始まる。

RB#37伊藤のラン、TE#40スタントンへダウン更新のパスが成功。さらにRB#37伊藤が2ヤード進めゴール前3ヤードまで迫ったところで、試合は4Qに入る。TE#40スタントンのジェットスイープはゴール前1ヤードで止められるが、次にRB#10末吉が中央を突進し、文字通り力尽くでTDを奪う。

続くアサヒ飲料の攻撃は、RB#28巽が好走を見せ、一気に28ヤードを獲得してゴール前6ヤードでファーストダウンを更新する。1stダウンのパス失敗の後、2ndダウンの反則でアサヒ飲料は5ヤードの罰退。さらにLB#5コグランがRB#22巽を4ヤードのロスタックルに仕留めると、次のRB#22巽のダイブもDL#92トゥアウが2ヤードで止める。4thダウン、ゴール前13ヤードとなり、ギャンブルでTDを狙うアサヒ飲料。QB#10ニズナックは、ゴールポスト横のWR#82横山へパスを投じるが、これをDB#1中谷がこの日2本目のインターセプトをし、窮地を救う。

4Q残り6分1秒、自陣20ヤードからのBigBlueの攻撃は、ランプレーで時間を消費しながら前進。RB#37伊藤、RB#10末吉が確実にダウンを更新していく。アサヒ飲料もタイムアウトを取り時計を止めるが、3回のタイムアウトを使い切ったところで、BigBlueはパントを蹴り攻撃権が相手に移動する。

残り2分31秒からのアサヒ飲料の攻撃。1stダウンのパスは成功するが、インフィールドのため急いだ2ndダウンのパスは失敗。時計が止まり、3rdダウンではドロップバックしたQB#10ニズナックは、真っ直ぐ奥のWR#82横山へパスを投じるが、これを胸で弾き浮いたボールをDB#30吉村がキャッチ。パスインターセプトとなり攻撃権を奪い返す。残り1分47秒は、QB#3クラフトがニーダウンを繰り返して時間を流し、10-0でBigBlueが勝利を飾った。
IBM   CHALLENGERS
1 タッチダウン 0
1/1 ポイントアフタータッチダウン
1点(成功-回数)
0/0
1/2 フィールドゴール(成功-回数) 0/1
10 1stダウン獲得回数 11
6 ランによる1stダウン獲得回数 6
4 パスによる1stダウン獲得回数 5
5-13 3rdダウンコンヴァージョン(成功-回数) 4-12
0-0 4thダウンコンヴァージョン(成功-回数) 0-1
205 総獲得ヤード 226
115 ラン獲得ヤード 91
37 ラン 27
90 パス獲得ヤード 135
6-12 パス(成功-試投回数 15-26
0 被インターセプト数 3
2-5 反則(回数-罰退ヤード) 2-5
2-1 ファンブル(回数-攻撃権を失った回数) 0-0
20:21 攻撃時間 27:39

得点経過

TEAM TIME PLAY PLAYER(S) PAT PLAYER(S) G/NG Score
IBM 2Q 08:44 FG 22yds #11 佐藤 3-0
IBM 4Q 00:52 Rush 1yd #10 末吉 K #11 佐藤 G 10-0

RUSHING

背番号 members Att yards TD LG
3 Craft (IBM) 4 -9 0 4
10 末吉 (IBM) 8 26 1 0
37 伊藤 (IBM) 10 56 0 15
40 Stanton (IBM) 4 -2 0 2
2 政本 (IBM) 6 37 0 9
19 鈴木 (IBM) 5 7 0 4
22 川淵 (アサヒ飲料) 11 22 0 10
21 安藤 (アサヒ飲料) 6 10 0 5
10 Niznak (アサヒ飲料) 1 2 0 2
40 牧野 (アサヒ飲料) 2 1 0 1
28 巽 (アサヒ飲料) 7 56 0 28

PASSING

背番号 members Att COMP INT yards TD LG
3 Craft (IBM) 6 3 0 41 0 34
2 政本 (IBM) 6 3 0 49 0 30
10 Niznak (アサヒ飲料) 26 15 3 135 0 43

RECEIVING

背番号 members NO yards TD LG
40 Stanton (IBM) 2 42 0 34
10 末吉 (IBM) 2 1 0 2
16 梶川 (IBM) 1 17 0 17
85 鈴木 (IBM) 1 30 0 30
40 牧野 (アサヒ飲料) 2 7 0 5
1 King (アサヒ飲料) 5 81 0 43
4 太田 (アサヒ飲料) 3 34 0 17
82 横山 (アサヒ飲料) 3 16 0 7
7 森 (アサヒ飲料) 1 1 0 1
22 川淵 (アサヒ飲料) 1 -4 0 -4

FIELD GOAL

背番号 members 1 2 3 4 5 ATT-GOOD
11 佐藤 (IBM) 22 ○ 35 ×       1/2
17 西岡 (アサヒ飲料) 23 ×         0/1

PUNT

背番号 members 回数 yards TB
11 佐藤 (IBM) 5 149 0
17 西岡 (アサヒ飲料) 5 154 0

KICK OFF RETURN

背番号 members 回数 yards TD
19 鈴木 (IBM) 1 10 0
1 King (アサヒ飲料) 2 15 0
22 川淵 (アサヒ飲料) 1 15 0

PUNT RETURN

背番号 members 回数 yards TD
19 鈴木 (IBM) 2 17 0
85 鈴木 (IBM) 3 10 0
8 Floyd Jr. (アサヒ飲料) 1 0 0

INTERCEPTION

背番号 members 回数 yards TD
1 中谷 (IBM) 2 21 0
30 吉村 (IBM) 1 7 0

FUMBLE RETURN

背番号 members 回数 yards TD
41 大江 (アサヒ飲料) 1 0 0

最新試合結果

試合予定