個別試合レポート

JXBトーナメント 準決勝 試合結果

IBM IMPULSE
24 0 1st 7 17
3 2nd 0
21 3rd 3
0 4th 7
日時 2018/11/25
Kick off 13:00
試合会場 エキスポフラッシュF
JXB Semifinal: vs パナソニックインパルス
昨シーズン再戦となった、パナソニックインパルス(以下、パナソニック)とのJapan X Bowl(JXB)準決勝は、K#11佐藤のキックオフで始まった。パナソニックQB#5アンダーソンは、WR#15頓花、WR#22木下とテンポ良くパスを通すと、自らのキープでゴール前11ヤードまで運ぶと、最後はWR#15頓花へ11ヤードTDパスが成功し先制点を奪う。

BigBlueのオープニングシリーズは、WR#81栗原がキックオフを中央付近まで大きく戻すが、3rdダウンコンバージョンがパス失敗となり4thダウンパントで終わる。続くパナソニックのシリーズでは、BigBlueの反則にも助けられて再びレッドゾーンに進むが、TDを狙ったパスをDB#25寺中がエンドゾーンでインターセプトし窮地を救う。

BigBlueの攻撃中に試合は2Qに入る。QB#2政本のキープに、WR#85鈴木、TE#40スタントンへのパスでダウンを更新して敵陣に入る。しかし、QBとRBがセットしないうちに、C#66伊藤がスナップをしてしまい、辛うじてRB#21髙木がボールを押さえるが、大きく21ヤード後退。このシリーズもパントで攻守が交替する。嫌な雰囲気の中、QB#5アンダーソンは、DB#13神津、DL#98森田のラッシュを受けてパスを投じるが、これをDB#23保宗がインターセプト。ここからBigBlueオフェンスは、RB#21髙木がタックルを受けながらもしぶとくゴール前16ヤードまでボールを運ぶ。残念ながらパナソニックの厚いゴールラインディフェンスは敗れず、K#11佐藤が42ヤードFGを成功させ、3-7と点差を縮める。

パナソニックは、RB#33横田が大きくゲインをして敵陣までボールを運ぶと、さらにパスが成功してゴール前34ヤードでファーストダウンを更新する。QB#5アンダーソンはパスでTDを狙うが3度失敗。4thダウンとなり、K#16佐伯が51ヤードのFGを狙う。スナップと同時に中央を割って入ったDL#92トゥアウの手がボールに触れたか、キックは失敗。3-7で前半を折り返す。

後半最初のキックオフではWR#81栗原が大きく戻し、自陣45ヤードからBigBlueの攻撃が始まる。QB#2政本は、スプリントアウトからWR#85鈴木へダウン更新のパスを通すと、さらにRB#21髙木へのスクリーンパスが成功し、一気にゴール前6ヤードまでボールを進める。ここからQB#2政本は、QBドローで中央を抜けると、タックルを受けながらも6ヤードを飛び込み逆転のTDを奪う。

続くパナソニックの攻撃は、RB#33横田、QB#5アンダーソンのランでダウン更新は許すが、ゴール前34ヤードで4thダウンとなる。ここからK#16佐伯が登場すると、今度は51ヤードのFGを成功。10-10の同点となる。

自陣奥からのBigBlueの攻撃は、QB#2政本のキーププレが続いた後、ワンポイントでQB#3クラフトが登場。DBに囲まれたWR#82白根へリード気味のパスを通すと、ゴール前6ヤードまで運ぶ。しかしWR#82白根が一度サイドラインを割ってからプレーに参加したと言う事で、イリーガルキャッチの反則となりプレーは取消。4thダウンとなり、パントで攻撃が移動する。

パナソニックは、前のシリーズで負傷したRB#33横田の代わりにRB#26藤本にボールを集めるが、DL/LBの厚い壁にダウン更新出来ずにパントで終わる。自陣奥からの厳しいシリーズとなるが、今度はQB#2政本から中央でフリーになっていたWR#85鈴木へパスが通ると一気にゴール前5ヤードまで運ぶ。ファーストダウンでは、密集隊形からQB#2政本が飛び込むが3ヤードの前進。2ndダウンのパス失敗のあとの3rdダウン、右サイドのTE#40スタントンへのショートパスが通ると、タックルを受けながらもエンドゾーンに飛び込み2ヤードのTDパスが成功する。

続くパナソニックの攻撃、DL#34ブルックスのロスタックルで3rdダウン12ヤード。ラッシュを受けて逃げるQB#5アンダーソンをDL#34ブルックスが背後からタックルすると、ボールをファンブル。転がるボールをDB#13神津が拾い上げるとそのままエンドゾーンまで運びファンブルリカバーTDを奪う。24-10と点差を広げ、続くBigBlueのキックオフをBigBlue陣内まで戻した所で3Qが終了し4Qに入る。

QB#5アンダーソンは、ラッシュを受けながらもタックルを交わして21ヤード進めると、WR#89小山へのパスが成功しゴール前11ヤードでファーストダウンを更新する。ここからプレッシャーを受けて2回パスが失敗するが、3rdダウンでWR#15頓花へこの試合2本目のTDパスが成功。24-17と点差が1TD差に縮まる。

続くBigBlueの攻撃は、ラン・パスでシリーズが続きゴール前10ヤードまで進むが、4thダウンで1ヤードが残る。ここでベンチからの支持は、FGではなくギャンブル。QB#2政本は、左パイロン際のTE#40スタントンへパスを投じるが、DB#19小原がカット。ギャンブルは失敗する。

ゴール前10ヤードからのパナソニックの攻撃は、WR#15頓花へのパスで34ヤード進む。しかしパスラッシュとLB#6大滝のQBサックで交替すると、DB#41森岡がパスをインターセプト。直ぐさま攻撃権を奪い返す。BigBlueはタイムコントロールに入り、無理をせずに時間を目一杯使い、パナソニックのタイムアウトを消費させる。パントで攻撃権がパナソニックに移るが、厳しいラッシュでボールを進める事が出来ない。さらにQBへラッシュしたDL#34ブルックスがフォワードモーションのQB#5アンダーソンの腕を叩き、浮いたボールを自ら確保してパスインターセプトで攻撃権を奪い返す。

残り45秒はニーダウンで時間を流し、24-17でBigBlueが勝利を勝ち取った。
IBM   IMPULSE
3 タッチダウン 2
3/3 ポイントアフタータッチダウン
1点(成功-回数)
2/2
1/1 フィールドゴール(成功-回数) 1/2
14 1stダウン獲得回数 19
6 ランによる1stダウン獲得回数 8
6 パスによる1stダウン獲得回数 9
2 相手反則による1stダウン獲得回数 2
294 総獲得ヤード 306
86 ラン獲得ヤード 113
33 ラン 31
208 パス獲得ヤード 193
13-25 パス(成功-試投回数 16-31
0 被インターセプト数 4
8-64 反則(回数-罰退ヤード) 5-23
1-0 ファンブル(回数-攻撃権を失った回数) 1-1
24:14 攻撃時間 23:46

得点経過

TEAM TIME PLAY PLAYER(S) PAT PLAYER(S) G/NG Score
IMPULSE 1Q 04:05 Pass 11yds #5 Anderson → #15 頓花 K #16 佐伯 G 0-7
IBM 2Q 09:42 FG 42yds #11 佐藤 3-7
IBM 3Q 00:56 Rush 6yds #2 政本 K K#11 佐藤 G 10-7
IMPULSE 3Q 04:08 FG 521yds #16 佐伯 10-10
IBM 3Q 10:47 Pass 2yds #2 政本 → #40 Stanton K #11 佐藤 G 17-10
IBM 3Q 11:52 FUMRTD 10yds #13 神津 K #11 佐藤 G 24-10
IMPULSE 4Q 01:07 Pass 11yds #5 Anderson → #15 頓花 K #16 佐伯 G 24-17

RUSHING

背番号 members Att yards TD LG
21 髙木 (IBM) 6 39 0 16
2 政本 (IBM) 16 39 1 12
19 鈴木 (IBM) 8 39 0 20
Team (IBM) 3 -31 0 -5
33 横田 (Panasonic) 8 44 0 21
5 Anderson (Panasonic) 14 43 0 21
26 藤本 (Panasonic) 6 10 0 4
15 頓花 (Panasonic) 1 -2 0 -2
29 牧田 (Panasonic) 1 9 0 9
88 木戸 (Panasonic) 1 9 0 9

PASSING

背番号 members Att COMP INT yards TD LG
2 政本 (IBM) 24 13 0 208 1 76
3 Craft (IBM) 1 0 0 0 0 0
5 Anderson (Panasonic) 31 16 4 193 2 34

RECEIVING

背番号 members NO yards TD LG
81 栗原 (IBM) 2 9 0 5
85 鈴木 (IBM) 3 97 0 76
40 Stanton (IBM) 3 22 1 12
18 上廣 (IBM) 2 41 0 32
19 鈴木 (IBM) 1 10 0 10
84 近江 (IBM) 1 3 0 3
21 髙木 (IBM) 1 26 0 26
15 頓花 (Panasonic) 7 89 2 34
22 木下 (Panasonic) 4 51 0 25
88 木戸 (Panasonic) 1 5 0 5
89 古山 (Panasonic) 2 25 0 21
2 岸本 (Panasonic) 1 -2 0 -2
4 髙木 (Panasonic) 1 25 0 25

FIELD GOAL

背番号 members 1 2 3 4 5 ATT-GOOD
11 佐藤 (IBM) 42 ○         1/1
16 佐伯 (Panasonic) 40 × 51 ○       1/2

QB SACK

背番号 members 回数 yards
6 大滝 (IBM) 2 18
17 Motu (Panasonic) 1 4

INTERCEPTION

背番号 members 回数 yards TD
25 寺中 (IBM) 1 0 0
23 保宗 (IBM) 1 5 0
41 森岡 (IBM) 1 0 0
34 Brooks (IBM) 1 5 0

FUMBLE RETURN

背番号 members 回数 yards TD
13 神津 (IBM) 1 10 1

最新試合結果