個別試合レポート

パールボウル 準決勝 試合結果

IBM RISE
40 3 1st 3 33
10 2nd 14
6 3rd 0
7 4th 9
14 OT 7
日時 2019/06/02
Kick off 11:00
試合会場 富士通スタジアム川崎
Pearl Bowl Semifinal: vs ノジマ相模原ライズ
パールボウル準決勝は、4年続けてノジマ相模原ライズ(以下、ノジマ相模原)との対戦。試合はK#11佐藤のキックオフで始まった。ノジマ相模原の最初のドライブを4thダウンパントに押さえ、BigBlue最初の攻撃はQB#3クラフトが登場。しかし、最初のプレーのパスをノジマ相模原LB#18増山がインターセプト。敵陣21ヤードからノジマ相模原の攻撃が始まる。ここはディフェンスが前進を許さず、4thダウンでK#13鈴木がFGを狙うものの、コースが外れて失点を免れる。気を取り直してQB#3クラフトの2回目のドライブは、WR#84近江、TE#40スタントンとパスが決まり前進するものの、ゴール前34ヤードで4thダウンとなる。K#11佐藤は、51ヤードのFGを成功させ、まずは3-0と先制する。

ノジマ相模原も、QB#11ロックレイからWR#85八木へのパスが決まり、ゴール前9ヤードまで進むが、DL#44福岡、LB#6大滝とQB#11ロックレイを押し込み、何とかFGの3点に抑えて同点となる。2Qに入り、BigBlueの攻撃は4thダウンパント。このパントを、ノジマ相模原WR#23伊藤がキャッチすると、タックルを振りほどきリードブロッカーを利用して、71ヤードのパントリターンTDとなる。

続くBigBlueの攻撃は、相手の反則にも助けられてゴール前5ヤードまで進むが、最後を詰め切れずに今回もK#11佐藤のFGで6-10とする。しかし直ぐさまノジマ相模原も、WR#23伊藤、WR#85八木と続けてロングパスが通り直ぐさまTDを奪われる(6-17)。次のBigBlueの攻撃から、QBはQB#2政本に交代。しかし4thダウンパントで攻撃権が移動する。敵陣からの攻撃となったノジマ相模原だが、QB#11ロックレイのパスをDB#1中谷がインターセプトし攻撃権を奪い返す。

自陣20ヤードからの攻撃は、QB#3クラフトから、WR#14前田、WR#85鈴木とパスが成功し、ゴール前3ヤードまで前進。ここから3rdダウンとなりレシーバーを探すQB#3クラフトは、一閃自ら縦に飛び込みTDを奪う。得点は13-17となり、この後ノジマ相模原がプレーで時計を流し前半を折り返す。

後半はBigBlueの攻撃から。QB#2政本は、WR#85鈴木、WR#84近江とパスを通し、さらに自らのスクランブルでゴール前24ヤードまで進む。しかし、ここからのパスはノジマ相模原の厚い壁を破れず、K#11佐藤がFGを成功。16-17とさらに点差を縮める。後半最初のノジマ相模原の攻撃は、DB#41森岡、DL#91定方、DL#93佐久間とディフェンス陣が踏ん張り4thダウンパント。自陣23ヤードからのBigBlueの攻撃は、QB#2政本から、TE#87松岡、RB#19鈴木、RB#28伊藤、WR#84近江と続けてパスが成功。ゴール前15ヤードまで前進するが、今回も厚い守りを崩せず、K#11佐藤がこの試合4本目のFGを成功させると、19-17と逆転する。

次のノジマ相模原の攻撃中に、試合は4Qに入る。QB#11ロックレイ、RB#2宮幸のランに押され、そこにWR#85八木へのロングパスが成功し、一気にゴール前9ヤードまで進むと、最後はRB#2宮幸が走り抜けて、直ぐさまノジマ相模原がTD。2点コンバージョンは阻止したが、ノジマ相模原が19-23と再逆転をする。

4点差となり、TDが必要なBigBlueは、QB#2政本からWR#14前田へパスが通ると、巧みなカットバックでタックルをかわして、敵陣30ヤードまで運ぶ。途中タックルを受けたQB#2政本に変わりQB#3クラフトが入るが、今回も詰め切れずK#11佐藤が登場。49ヤードとやや長い距離だったためか、この試合5回目のFGは失敗となる。しかし、ここからディフェンスが勢いを得ると、2回ノジマ相模原の攻撃をパントに押さえ、4Q残り2分52秒からのBigBlueの攻撃。QB#3クラフトがタイミングを計って奥に投じたパスを、フリーになったWR#84近江がキャッチ。一気にゴール前8ヤードまで運ぶ。ここからパス失敗の後、QB#3クラフトが自ら縦に切り込みTD。キックも成功し、26-23と再び逆転する。

残り1分41秒からのノジマ相模原の攻撃は、WR#14西川へのパスで敵陣にはいると、QB#11ロックレイがスクランブルから大きく前進。ゴール前12ヤードで4thダウンとなると、残り3秒でタイムアウトをとり、K#13鈴木が29ヤードの同点FGを成功。昨年に続いて、試合はタイブレークに入る。

タイブレーク1回目は、ノジマ相模原の攻撃から。一度ダウンを更新するが、ゴール前5ヤードで4thダウン残り1ヤード。ここでノジマ相模原は、巨漢TE#98藤本を入れると、右に流れたQB#11ロックレイからTDパスが藤本へ成功。キックも成功しノジマ相模原が26-33とリードする。続くBigBlueの攻撃。TE#40スタントンへのパスで9ヤード進むが、その後の攻撃は押し戻されて、ゴール前23ヤードで4thダウン残り8ヤード。QB#2政本から右オープンのWR#84近江へダウン更新のパスが成功。さらにWR#84近江は、反転してタックラーをかわすと、そのままエンドゾーンまで運び込みTDを奪う。K#11佐藤のTFPキックも成功し再び33-33の同点となる。

タイブレーク2回目は、変わってBigBlueの攻撃から。相手のパスインターフェアの反則で前進するが、今度は自らのホールディングの反則で後退。WR#85鈴木へのパスで再び押し戻すと、QB#2政本のキープ・スクランブルでゴール前2ヤードまで進む。ここでQBはQB#3クラフトに交代。ファーストダウンのパス失敗の後の2ndダウン。QB#3クラフトは、スナップを受けるとクイックリリースで正面のTE#40スタントンへパス。これをしっかりキャッチして、今度はBigBlueが40-33とタイブレークをリードする。変わってノジマ相模原の攻撃。RB#23伊藤のダイブをLB#5コグランがタックル。2ndダウンのパスは、LB#6大滝がQBにチャージしてスローが狂い失敗。3rdダウンでは再びRB#23伊藤が中央を突くが、今度はDL#96植村がタックル。ゴール前21ヤードで4thダウン残り6ヤードとなったノジマ相模原は、QB#11ロックレイがパスポケットからスプリントアウトしながら、エンドゾーンのターゲットを狙うが、オーバースローとなりパス失敗。最後はディフェンスが相手の攻撃を防ぎきり、40-33でタイブレークをBigBlueが制し、4回目の勝負にも勝利してパールボウル進出を決めた。
IBM   RISE
4 タッチダウン 4
4/4 ポイントアフタータッチダウン
1点(成功-回数)
3/3
0/0 ポイントアフタータッチダウン
2点(成功-回数)
0/1
4/5 フィールドゴール(成功-回数) 2/3
24 1stダウン獲得回数 18
4 ランによる1stダウン獲得回数 8
16 パスによる1stダウン獲得回数 10
4 相手反則による1stダウン獲得回数 0
3-12 3rdダウンコンヴァージョン(成功-回数) 1-9
2-2 4thダウンコンヴァージョン(成功-回数) 1-2
508 総獲得ヤード 356
65 ラン獲得ヤード 122
20 ラン 28
443 パス獲得ヤード 234
32-55 パス(成功-試投回数 15-31
1 被インターセプト数 1
8-55 反則(回数-罰退ヤード) 7-75
1-0 ファンブル(回数-攻撃権を失った回数) 0-0
25:19 攻撃時間 22:41

得点経過

TEAM TIME PLAY PLAYER(S) PAT PLAYER(S) G/NG Score
IBM 1Q 08:47 FG 51yds #11 佐藤 3-0
RISE 1Q 11:56 FG 39yds #13 鈴木 3-3
RISE 2Q 01:10 Punt RTD 71yds #23 伊東 K #13 鈴木 G 3-10
IBM 2Q 04:28 FG 22yds #11 佐藤 6-10
RISE 2Q 06:14 Pass 20yds #11 Laughrea → #85 八木 K #13 鈴木 G 6-17
IBM 2Q 11:32 Pass 3 yds #3 Craft → #85 鈴木 K #11 佐藤 G 13-17
IBM 3Q 02:03 FG 41yds #11 佐藤 16-17
IBM 3Q 10:16 FG 32yds #11 佐藤 19-17
RISE 4Q 01:27 Rush 9yds #2 宮幸 RUN #11 Laughrea NG 19-23
IBM 4Q 10:19 Rush 8yds #3 Craft K #11 佐藤 G 26-23
RISE 4Q 12:00 FG 29yds #13 鈴木 26-26
RISE TB1 - Up Pass 5yds #11 Laughrea → #98 藤本 K #13 鈴木 G 26-33
IBM TB1 - Down Pass 23yds #2 政本 → #84 近江 K #11 佐藤 G 33-33
IBM TB2 - Up Pass 2yds #3 Craft → #40 Stanton K #11 佐藤 G 40-33

RUSHING

背番号 members Att yards TD LG
3 Craft (IBM) 8 27 1 9
2 政本 (IBM) 10 38 0 23
21 高木 (IBM) 1 2 0 2
28 伊藤 (IBM) 1 -2 0 0
2 宮幸 (RISE) 17 73 1 17
11 Laughrea (RISE) 10 42 0 18
29 吉田 (RISE) 1 7 0 7

PASSING

背番号 members Att COMP INT yards TD LG
3 Craft (IBM) 31 19 1 260 2 64
2 政本 (IBM) 24 13 0 183 1 34
11 Laughrea (RISE) 31 15 1 234 2 54

RECEIVING

背番号 members NO yards TD LG
40 Stanton (IBM) 6 46 1 20
84 近江 (IBM) 9 168 1 64
21 高木 (IBM) 1 2 0 2
19 鈴木 (IBM) 3 11 0 13
14 前田 (IBM) 3 79 0 34
47 山中 (IBM) 2 25 0 12
85 鈴木 (IBM) 6 76 1 22
81 松岡 (IBM) 1 19 0 19
28 伊藤 (IBM) 1 17 0 17
85 八木 (RISE) 8 139 1 54
23 伊藤 (RISE) 4 48 0 29
21 秋山 (RISE) 1 17 0 17
14 西川 (RISE) 1 25 0 25
98 藤本 (RISE) 1 5 1 5

FIELD GOAL

背番号 members 1 2 3 4 5 ATT-GOOD
11 佐藤 (IBM) 51 ○ 22 ○ 41 ○ 32 ○ 49 × 4/5
13 鈴木 (RISE) 39 × 39 ○ 29 ○     2/3

PUNT

背番号 members 回数 yards TB
11 佐藤 (IBM) 2 90 0
Team (IBM) 1 0 0
13 鈴木 (RISE) 4 184 0

KICK OFF RETURN

背番号 members 回数 yards TD
19 鈴木 (IBM) 2 29 0
85 鈴木 (IBM) 2 43 0
28 伊藤 (IBM) 1 14 0
6 佐藤 (RISE) 2 34 0
37 佐々木 (RISE) 2 11 0
67 細野 (RISE) 1 0 0
23 伊藤 (RISE) 1 33 0

QB SACK

背番号 members 回数 yards
5 Coghlan (IBM) 1 7
44 福岡 (IBM) 1 5
43 池田 (RISE) 1 7

PUNT RETURN

背番号 members 回数 yards TD
85 鈴木 (IBM) 1 2 0
19 鈴木 (IBM) 1 0 0
21 高木 (IBM) 1 0 0
23 伊藤 (RISE) 1 71 1
3 佐久間 (RISE) 1 -9 0

INTERCEPTION

背番号 members 回数 yards TD
1 中谷 (IBM) 1 0 0
18 増山 (RISE) 1 0 0

最新試合結果

試合予定