個別試合レポート

秋季リーグ戦 予選ブロック 試合結果

IBM FRONTIERS
21 0 1st 14 41
14 2nd 7
0 3rd 7
7 4th 13
日時 2020/11/07
Kick off 14:00
試合会場 富士通スタジアム川崎
[ Week-2: vs 富士通フロンティアーズ戦 ]
2020リーグ戦第二節富士通フロンティアーズ(以下、富士通)との試合は、BIG BLUE K#19佐藤のキックオフから始まった。富士通RB#29グラントを、DB#1中谷が-10ヤードのロスタックルに仕留めるが、次のプレーでQB#3バードソンからWR#85松井に63ヤードパスが成功し、2プレーで先制TDを許してしまう。

BIG BLUEのオフェンスは、QB#3クラフトが登場するが、攻め手に欠けてパントで交替。次のBIG BLUEの攻撃では、QB#7馬島が登場し4thダウンギャンブルを狙うがパス失敗で終わる。続く富士通の攻撃も、4thダウンパントとなるが、レシーブをしたWR#85鈴木が直後タックルを受けてファンブル。これを富士通RB#33高口がゴール前12ヤードでリカバーすると、最後はWR#1強へ1ヤードTDパスが成功。0-14と点差が広がる。

次のキックオフリターンを、WR#85鈴木が自陣38ヤード迄戻し、WR#86九里が5ヤードパスをキャッチしたところで、試合は2Qに入る。2Qに入ると、QB#3クラフトから、TE#40スタントン、WR#85鈴木、WR#82白根とパスが続けて成功。最後はTE#87松岡がタックルを受けながらもボールをエンドゾーンに押し込み、21ヤードTDパスで7-14と追い上げる。しかし富士通も、QB#3クラフトの4thダウンギャンブルのパスの失敗からチャンスを掴み、最後はWR#19小梶へ52ヤードTDパスが成功し、7-21と点差が再度広がる。

続くBIG BLUEの攻撃は、WR#86九里、WR#80河村とパスが続き、相手の反則で敵陣にはいると、今度はRB#28伊藤、RB#21佐藤とランプレーで確実に前進。ゴール前3ヤードまで進むと、最後はWR#82白根へ高さで勝負をしたTDパスが成功して14-21と追撃をする。この後の富士通の攻撃は、残り時間も少ない中ゴール前20ヤードまで進まれるが、相手の反則で10ヤード下がる。ここからQB#3バードソンは一気にTDを狙うが、これをDB#10小阪田がカット。2Q残り1秒で、富士通はK#11西村が登場して47ヤードフィールドゴール(FG)を狙うが、右エンドから飛び込んできたDB#25寺中がキックボールをカットし、FGは不成功。リードを許したものの、ディフェンスの活躍で前半が終わる。

3QはBIG BLUEの攻撃から始まるが、3rdダウンコンバージョンのパスが失敗し、4thダウンパントで攻撃権が移動する。次の富士通のシリーズは、相手の反則で3rdダウン12ヤードと後退するが、ここからWR#9宣本へ35ヤードパスが成功し、一気に敵陣36ヤードまで前進する。この後、DB#10小阪田がレシーバーがキャッチしたボールをファンブルフォースし、それをLB#57寺林がリカバーするものの、ビデオ判定でパス確保前にボールが掻き出されたパス失敗の判定に覆る。富士通は、このあとBIG BLUEの反則もあり前進すると、最後はWR#81中村へ10ヤードTDパスが成功する。

何とか流れを変えたいBIG BLUEは、QBをQB#2政本に交替。しかしパスのタイミングが合わず、4thダウンパントとなる。これをWR#13高津佐がキャッチしてリターンしようとするがファンブルし、BIG BLUEがリカバーする。再びQB#2政本が登場すると、TE#40スタントンへ22ヤードパスが成功し敵陣に。しかしQBサックを受けて後退すると、4thダウンギャンブルでもQBサックを受けて好守が入れ替わる。

富士通の攻撃は、敵陣に入るとDL#34ブルックスの反則でゴール前15ヤードまで進まれる。しかしここから、相手の反則で後退すると、LB#35ガンボア、LB#57寺林と好プレーが続き、富士通は4thダウン35ヤードとなりP#39吉田がパントを蹴る。このパントが絶妙なキックとなり、BIG BLUEはゴール前1ヤードからの攻撃となり、試合は最終4Qに入る。

ボールを進める事が出来ないBIG BLUEは、LB#5コグランが4thダウンで何とかパントを蹴るが、富士通は敵陣24ヤードからの攻撃権を得る。ここでディフェンスが踏ん張り4thダウン8ヤードとなると、K#11西村が39ヤードFGを成功させ、14-31と点差を広げる。

その直後のキックオフ、K#5納所のキックをゴール前1ヤードでキャッチしたWR#85鈴木は、リードブロックに助けられて密集を抜けると、タックラーをスピードで振り切り、99ヤードリターンTDを奪う。この勢いを何とか反撃に繋げたいBIG BLUEだが、ダウン更新のパスも反則で取り消され、4thダウンパントで終わると、富士通はプレッシャーを受けたQB#3バードソンからRB#29グラントへショートパスが成功。そのまま一気にゴール前4ヤードまで運ばれる。最後は、WR#85松井へ4ヤードTDパスが成功。点差は21-38とさらに広がる。

何とか切掛を掴みたいBIG BLUEだが、QB#3クラフトのパスをDB#23奥田がインターセプト。富士通は時間をしっかり使いながらゴール前25ヤードまで進むと、K#11西村が42ヤードFGを成功させ、21-41と勝利を確定させる。BIG BLUEの反撃も、ここに来てQB#3クラフトとレシーバー陣のタイミングか合わず4thダウンギャンブルも失敗。最後は富士通QB#18高木がニーダンをして時間を流して試合終了となった。
IBM   FRONTIERS
3 タッチダウン 5
3/3 ポイントアフタータッチダウン
1点(成功-回数)
5/5
0/0 フィールドゴール(成功-回数) 2/3
12 1stダウン獲得回数 17
3 ランによる1stダウン獲得回数 1
8 パスによる1stダウン獲得回数 12
1 相手反則による1stダウン獲得回数 4
2-12 3rdダウンコンヴァージョン(成功-回数) 4-9
0-4 4thダウンコンヴァージョン(成功-回数) 0-0
197 総獲得ヤード 342
33 ラン獲得ヤード 20
21 ラン 26
164 パス獲得ヤード 322
18-36 パス(成功-試投回数 18-31
1 被インターセプト数 0
6-50 反則(回数-罰退ヤード) 10-85
1-1 ファンブル(回数-攻撃権を失った回数) 3-2
22:48 攻撃時間 25:12

得点経過

TEAM TIME PLAY PLAYER(S) PAT PLAYER(S) G/NG Score
FRONTIERS 1Q 00:58 #3 Birdsong → #85 松井 Pass 63yds K #11 西村 G 0-7
FRONTIERS 1Q 11:31 #3 Birdsong → #1 強 Pass 1yd K #11 西村 G 0-14
IBM 2Q 02:40 #3 Craft → #87 松岡 Pass 21yds K #19 佐藤 G 7-14
FRONTIERS 2Q 05:54 #3 Birdsong → #19 小梶 Pass 52yds K #11 西村 G 7-21
IBM 2Q 10:12 #3 Craft → #82 白根 Pass 3yds K #19 佐藤 G 14-21
FRONTIERS 3Q 04:44 #3 Birdsong → #81 中村 Pass 10yds K #11 西村 G 14-28
FRONTIERS 4Q 01:17 #11 西村 FG 39yds 14-31
IBM 4Q 01:31 #85鈴木 KORTD 99yds K #19 佐藤 G 21-31
FRONTIERS 4Q 06:16 #3 Birdsong → #85 松井 Pass 4yds K #11 西村 G 21-38
FRONTIERS 4Q 09:55 #11 西村 FG 42yds 21-41

RUSHING

背番号 members Att yards TD LG
28 伊藤 (IBM) 7 25 0 8
21 佐藤 (IBM) 5 22 0 9
14 遠藤 (IBM) 2 3 0 2
35 Gamboa (IBM) 1 2 0 2
4 鈴木 (IBM) 2 2 0 2
3 Craft (IBM) 1 0 0 0
7 馬島 (IBM) 1 -3 0 0
2 政本 (IBM) 2 -18 0 0
2 Nixon (富士通) 3 19 0 8
3 Birdsong (富士通) 9 14 0 12
29 Grant (富士通) 11 5 0 9
Team (富士通) 2 -7 0 0
18 高木 (富士通) 1 -11 0 0

PASSING

背番号 members Att COMP INT yards TD LG
3 Craft (IBM) 27 15 1 121 2 21
2 政本 (IBM) 7 2 0 30 0 22
7 馬島 (IBM) 2 1 0 13 0 13
3 Birdsong (富士通) 30 18 0 322 5 63
13 高木 (富士通) 1 0 0 0 0 0

RECEIVING

背番号 members NO yards TD LG
40 Stanton (IBM) 6 67 0 22
87 松岡 (IBM) 2 29 1 21
82 白根 (IBM) 2 20 1 17
80 河村 (IBM) 1 16 0 9
86 九里 (IBM) 2 13 0 8
14 遠藤 (IBM) 1 8 0 8
85 鈴木 (IBM) 2 8 0 6
4 鈴木 (IBM) 2 3 0 3
85 松井 (富士通) 5 91 2 63
29 Grant (富士通) 1 54 0 54
9 宣本 (富士通) 3 54 0 35
19 小梶 (富士通) 1 52 1 52
81 中村 (富士通) 4 37 1 12
83 柴田 (富士通) 2 20 0 14
22 岩松 (富士通) 1 13 0 13
1 強 (富士通) 1 1 1 1

FIELD GOAL

背番号 members 1 2 3 4 5 ATT-GOOD
11 西村 (富士通) 47 × 39 ○ 42 ○     2/3

PUNT

背番号 members 回数 yards TB
5 Coghlan (IBM) 5 162 0
39 吉田 (富士通) 4 149 0

KICK OFF RETURN

背番号 members 回数 yards TD
85 鈴木 (IBM) 1 210 1
40 Stanton (IBM) 1 6 0
4 鈴木 (IBM) 1 5 0
19 小梶 (富士通) 1 19 0
13 高津佐 (富士通) 1 3 0
20 池田 (富士通) 1 0 0
1 強 (富士通) 1 -7 0

QB SACK

背番号 members 回数 yards
57 寺林 (IBM) 1 10
34 Brooks (IBM) 2 15
92 草野 (IBM) 1 11
44 趙 (富士通) 1 11
88 大橋 (富士通) 1 7

PUNT RETURN

背番号 members 回数 yards TD
21 佐藤 (IBM) 1 14 0
4 鈴木 (IBM) 1 2 0
85 鈴木 (IBM) 1 0 0
29 Grant (富士通) 1 11 0
13 高津佐 (富士通) 3 8 0

INTERCEPTION

背番号 members 回数 yards TD
23 奥田 (富士通) 1 0 0

FUMBLE RETURN

背番号 members 回数 yards TD
Team (IBM) 1 0 0
85 鈴木 (IBM) 1 0 0
33 高口 (富士通) 1 0 0

最新試合結果

試合予定

BIGBLUE PARTNERS

 
 
  • UOS
  • 日立チャンネルソリューションズ株式会社
  • PM Global