個別試合レポート

秋季リーグ戦 試合結果

IBM LIONS
70 21 1st 0 0
21 2nd 0
21 3rd 0
7 4th 0
日時 2021/10/30
Kick off 14:00
試合会場 富士通スタジアム川崎
第五節オール三菱ライオンズ(以下、オール三菱)との対戦は、K#16福岡のキックオフで始まった。オール三菱のオープニングドライブを4thダウンパントに押さえると、続くBIG BLUEのオープニングドライブでは、QB#2政本からTE#40スタントンへのパスが続けて成功し敵陣へ。反則で罰退するものの、WR#82白根へパスを集め、最後も22ヤードTDパスでシリーズを締めくくる。

再びオール三菱の攻撃をパントに押さえると、BIG BLUEの攻撃ではWR#14遠藤へのパスで一気にゴール前19ヤード迄進む。最後はこの試合2本目のTDパスがWR#82白根に通る。さらに、次のオール三菱の攻撃では、DB#26松浦がインターセプトすると、RB#21佐藤(航)が21ヤードのロングゲインを見せ、最後はWR#85鈴木(隆)に12ヤードTDパスが成功する。

2Qに入りオール三菱のパントをWR#84近江が大きくリターンするが、最後にボールをファンブルし、これをオール三菱TE#87田島がリカバリーし、再び攻撃権を得る。しかし、DB#26松浦がこの試合二つ目のインターセプトで攻撃権を奪い返すと、直ぐさまQB#2政本からWR#84近江へ34ヤードTDパスが成功する。次のオール三菱の攻撃では、RB#25中野(直)へのパスが成功し始めてダウンを更新。しかしその後が続かず4thダウンパントでシリーズは終わる。逆にBIG BLUEは、TE#87松岡(直)へパスが通ると、タックルを振りほどき61ヤードを独走しTDを奪う。

次のシリーズもオール三菱はダウン更新出来ずにパントで終了。BIG BLUEの攻撃では、TE#88三浦、TE#40スタントン、WR#82白根とテンポ良くパスが通ると、QB#2政本のスクランブルでゴール前30ヤードでダウンを更新。ここからWR#8スミスにパスを通すと、個人技でタックルをかわしてTDを奪う。この後オール三菱のランプレーを止めて2Qが終了。42-0の大量得点で前半を折り返す。

3QはBIG BLUEの攻撃から。最初のプレーでQB#2政本がQBサックを受けて5ヤードロスするが、直ぐさまWR#14遠藤への34ヤードTDパスで敵陣に入ると、今度はWR#84近江にパスが成功。タックルを受けるものの、最後の一伸びでボールをエンドゾーンに運び、この試合2本目のTDレシーブとなる。後半最初のオール三菱の攻撃は、QB#10光藤のランでダウンを更新するが、次のプレーでは再びQB#10光藤が走り出たところをLB#35ガンボアのタックルでボールをファンブル。これをLB#49中野がリカバリーして攻撃権を奪う。

続くBIG BLUEの攻撃から、QBはQB#7馬島に交代。反則で罰退するものの、WR#80小鳥居へのパスと、RB#28伊藤(隆)のランでダウンを更新すると、RB#21佐藤(航)が中央を突破して35ヤードのビッグゲインとなる。最後はWR#80小鳥居へ17ヤードTDパスが成功する。次のBIG BLUEの攻撃では、WR#83木村にボールを集めて、ロングゲイン2回でゴール前7ヤードまで進むと、最後もWR#83木村へ6ヤードTDパスが成功する。これで1Qから3Qまで3TDずつ9TDを奪い、試合は4Qに入る。

オール三菱は4thダウン4ヤード残るがギャンブルを選択。しかし、LB#43本田がQBサックで13ヤード後退させて攻撃権がBIG BLUEに移動する。しかしこのシリーズはこの試合初めてダウン更新が出来ず、4thダウン5ヤードとなったところで、隊形はパントフォーメーションながら、QB#2政本が登場。ギャンブルかと思われたが、パントを蹴ると、ゴール前2ヤードからオール三菱の攻撃に変わる。

オール三菱はQB#4江守のランでダウンを更新するが、DL#92草野の好タックルで押し戻され、このシリーズも4thダウンパントで終わる。BIG BLUEは、RB#28伊藤(隆)、RB#21佐藤(航)のランでゴール前1ヤードまでボールを進めると、最後はQB#7馬島自ら飛び込みTDを奪う。これで70-0となり、オール三菱の反撃も、最後はTDを狙ったパスをDB#31内村がインターセプトし、試合終了となった。
IBM   LIONS
10 タッチダウン 0
10/10 ポイントアフタータッチダウン
1点(成功-回数)
0/0
26 1stダウン獲得回数 8
10 ランによる1stダウン獲得回数 5
15 パスによる1stダウン獲得回数 1
1 相手反則による1stダウン獲得回数 2
4-7 3rdダウンコンヴァージョン(成功-回数) 1-10
1-1 4thダウンコンヴァージョン(成功-回数) 0-1
636 総獲得ヤード 131
178 ラン獲得ヤード 67
25 ラン 30
458 パス獲得ヤード 64
24-29 パス(成功-試投回数 8-19
0 被インターセプト数 3
10-80 反則(回数-罰退ヤード) 5-25
1-1 ファンブル(回数-攻撃権を失った回数) 1-1
21:17 攻撃時間 26:43

得点経過

TEAM TIME PLAY PLAYER(S) PAT PLAYER(S) G/NG Score
IBM 1Q 06:21 #2 政本 → #82 白根 Pass 22yds K #19 丸山 G 7-0
IBM 1Q 09:37 #2 政本 → #82 白根 Pass 3yds K #19 丸山 G 14-0
IBM 1Q 11:35 #2 政本 → #85 鈴木 Pass 12yds K #19 丸山 G 21-0
IBM 2Q 03:35 #2 政本 → #84 近江 Pass 34yds K #19 丸山 G 28-0
IBM 2Q 07:31 #2 政本 → #87 松岡 Pass 61yds K #19 丸山 G 35-0
IBM 2Q 11:50 #2 政本 → #8 Smith Pass 30yds K #19 丸山 G 42-0
IBM 3Q 01:09 #2 政本 → #84 近江 Pass 34yds K #16 福岡 G 49-0
IBM 3Q 07:06 #7 馬島 → #80 小鳥居 Pass 17yds K #16 福岡 G 56-0
IBM 3Q 10:31 #7 馬島 → #83 木村 Pass 6yds K #16 福岡 G 63-0
IBM 4Q 09:19 #7 馬島 Rush 1yd K #16 福岡 G 70-0

RUSHING

背番号 members Att yards TD LG
21 佐藤(航) (IBM) 6 81 0 35
2 政本 (IBM) 5 39 0 13
28 伊藤 (IBM) 6 27 1 12
7 馬島 (IBM) 4 18 0 10
4 鈴木(恵) (IBM) 4 13 0 4
31 中野(哲) (オール三菱) 6 25 0 10
25 中野(直) (オール三菱) 8 15 0 9
4 江守 (オール三菱) 2 12 0 7
1 小林 (オール三菱) 6 10 0 4
10 光藤 (オール三菱) 8 5 0 12

PASSING

背番号 members Att COMP INT yards TD LG
2 政本 (IBM) 21 17 0 348 7 61
7 馬島 (IBM) 7 7 0 110 2 36
4 江守 (オール三菱) 11 3 3 34 0 21
10 光藤 (オール三菱) 6 5 0 30 0 9
31 中野(哲) (オール三菱) 1 0 0 0 0 0

RECEIVING

背番号 members NO yards TD LG
83 木村 (IBM) 3 76 1 36
87 松岡(直) (IBM) 2 69 1 61
84 近江 (IBM) 2 68 2 34
14 遠藤 (IBM) 2 59 0 34
82 白根 (IBM) 5 59 2 22
40 Stanton (IBM) 3 40 0 28
8 Smith (IBM) 1 30 1 30
80 小鳥居 (IBM) 2 28 1 17
88 三浦 (IBM) 2 14 0 11
85 鈴木(隆) (IBM) 1 12 1 12
28 伊藤(隆) (IBM) 1 3 0 3
81 小原 (オール三菱) 2 25 0 21
89 長岡 (オール三菱) 3 14 0 7
9 毛綿谷 (オール三菱) 1 9 0 9
25 中野(直) (オール三菱) 1 9 0 9
87 田島 (オール三菱) 1 7 0 7

PUNT

背番号 members 回数 yards TB
2 政本 (IBM) 1 49 0
16 高橋 (オール三菱) 4 151 0
9 毛綿谷 (オール三菱) 3 107 0

PUNT RETURN

背番号 members 回数 yards TD
87 松岡(直) (IBM) 1 11 0
1 小林 (オール三菱) 7 152 0
36 山崎 (オール三菱) 1 9 0

INTERCEPTION

背番号 members 回数 yards TD
26 松浦 (IBM) 2 2 0
31 内村 (IBM) 1 0 0

FUMBLE RETURN

背番号 members 回数 yards TD
49 中野 (IBM) 1 0 0
87 田島 (オール三菱) 1 0 0

最新試合結果

試合予定

BIGBLUE PARTNERS

 
 
  • UOS
  • 日立チャンネルソリューションズ株式会社
 
  • PM Global