個別試合レポート

秋季リーグ戦 試合結果

IBM DEERS
35 8 1st 3 10
10 2nd 7
10 3rd 0
7 4th 0
日時 2022/09/11
Kick off 10:30
試合会場 富士通スタジアム川崎
BIG BLUE 2022シーズンは、K#11丸山のキックオフで始まった。胎内ディアーズ(以下、ディアーズ)は、3シーズンぶりに復帰したQB#9加藤が先発。RB#1宮幸のランにパスを絡めてダウンを更新しながら前進、敵陣22ヤードでファーストダウンを更新する。ルーキーLB#31村井のロスタックルで5ヤード下がるがすかさずパスで11ヤード前進。しかし3rdダウンのパスに失敗し、K#14青木の33ヤードフィールドゴール(FG)の3点に押さえる。

続くBIG BLUEの攻撃は、QB#2政本が登場。WR#85鈴木(隆)へのパスをベースに、期待のRB#26 PressleyやRB#4鈴木(恵)のランで前進をする。WR#82白根へのパスでゴール前3ヤードまで進むが4thダウンで1ヤード残る。ここで、WR#82白根のモーションからのランでダウンを更新してゴール前1ヤードまで進むと、最後はRB#26 Pressleyがタックルを受けながらもボールをエンドゾーンに運び、今シーズン初のTDを奪う。さらにトラフォーポイント(TFP)では、ロンリーセンターから、QB#9馬島がTE#40スタントンにパスを通し2点を奪う。

2Qに入り、ディアーズの攻撃は敵陣26ヤードまで進むが、DL#19植村、#93佐久間のロスタックルで30ヤードまで下がる。これが響き、4thダウンでは再びK#14青木が46ヤードFGを狙うが、DL#34 Brooksがキックボールをチップして失敗となる。しかし続くBIG BLUEの攻撃も、QB#2政本のパスをディアーズDB#23矢口がインターセプト。これを足がかりに、QB#9加藤のパスが続けて成功し、最後はWR#3井上へ17ヤードTDパスが成功。8-10と逆転を許す。

続くディアーズのキックオフでは、リターナーに入ったRB#26 Pressleyがボールをキャッチすると、相手のタックルを抜けて一気にエンドゾーンまで運ぶ。しかし、直前での行為がアンスポーツマンライクコンダクトの反則と判定され、ゴール前5ヤードでボールデッドの判定となり、さらに反則で15ヤード罰退する。ゴール前20ヤードからのファーストダウンは、4thダウン1ヤードのギャンブルを、TE#40スタントンへのパスで更新すると、最後はWR#14遠藤へ4ヤードTDパスが成功し、15-10と再逆転をする。この後2Q終盤のBIG BLUEの攻撃では、ゴール前14ヤードまで進むが4thダウン2ヤードとなる。残り2秒でタイムアウトを取り時計を止めると、K#11丸山が32ヤードFGを成功させ、18-10と点差を広げて前半を終了する。

3QはBIG BLUEの攻撃から。QB#2政本のランで敵陣に進むと、TE#40 Stantonへのパスでゴール前21ヤードまで進む。さらに、RB#4鈴木(恵)が中央を突破してゴール前8ヤード迄前進してダウンを更新。続くプレーでは、同じくRB#4鈴木(恵)へのスクリーンパスが通ると、OL#69高橋のリードブロックの背後を駆け抜けTDを奪う。DL#99島野のQBサックでディアーズを4thダウンパントに追い込むと、次のBIG BLUEの攻撃もゴール前29ヤードまで進むが、4thダウン8ヤードが残る。K#11丸山は、46ヤードのFGのトライ。キックの距離は十分であったが、右ポールにボールは当たりキックは失敗する。逆にディアーズは、QB#9加藤からWR#3井上に26ヤードのロングパスが成功し一気に敵陣に入ると、さらにWR#15田邊へも16ヤードのパスが成功し、ゴール前25ヤードでダウンを更新する。ここからQB#9加藤は、左エンドゾーンパイロン際のWR#11前田へ一気にTDを狙ったパスを投じるが、ややお辞儀をしたボールを前に入ったDB#21田尾がインターセプト。そこから44ヤードを戻すターンオーバーを演じる。

ピンチを脱してチャンスを掴んだBIG BLUEは、QB#2政本からWR#85鈴木(隆)への30ヤードパスで一気にゴール前22ヤードまで進むが、ここからのディアーズのディフェンスが厚く4thダウン12ヤードが残る。再びK#11丸山が登場すると、今度は42ヤードFGを成功させ、28-10と点差を広げる。K#20石川のキックオフで3Qが終わり、4Qに入りディアーズの攻撃となるが、4thダウンパント。続くBIG BLUEもパントで攻撃を終えるが、続くディアーズの攻撃も4thダウンギャンブルのパスを防ぎ、攻撃権が移動する。BIG BLUEの攻撃は再びP#16近藤のパントで終わるが、次のディアーズも4回パス失敗となり敵陣21ヤードからBIG BLUEの攻撃となる。

1stダウンではRB#20石川が中央を突くが、1ヤードの前進で止められる。次の2ndダウンでは、QB#9馬島がゴールポスト前のTE#88三浦へ高めのパスを投じると、TE#88三浦はDB#0杉山と激しく競り合いながらもボールを確保。20ヤードTDレシーブとなり、35-10とさらに点差を広げる。この後のディアーズの攻撃は、LB#17茂木のQBサックで後退させると、DB#24岸野がエンドゾーンでパスをインターセプト。残り時間を、ニーダウンで消化し、BIG BLUEが35-10で初戦を勝利で飾った。
IBM   DEERS
4 タッチダウン 1
3/3 ポイントアフタータッチダウン
1点(成功-回数)
1/1
1/1 ポイントアフタータッチダウン
2点(成功-回数)
0/0
2/3 フィールドゴール(成功-回数) 1/2
17 1stダウン獲得回数 16
7 ランによる1stダウン獲得回数 6
10 パスによる1stダウン獲得回数 10
4-13 3rdダウンコンヴァージョン(成功-回数) 5-13
3-3 4thダウンコンヴァージョン(成功-回数) 1-3
332 総獲得ヤード 262
74 ラン獲得ヤード 56
25 ラン 25
258 パス獲得ヤード 206
24-36 パス(成功-試投回数 19-34
1 被インターセプト数 2
4-35 反則(回数-罰退ヤード) 2-10
24:20 攻撃時間 23:40

得点経過

TEAM TIME PLAY PLAYER(S) PAT PLAYER(S) G/NG Score
DEERS 1Q 05:25 FG 33yd #14 青木 0-3
IBM 1Q 10:36 Rush 1yd #26 Pressley PASS #9 馬島 → #40 Stanton G 8-3
DEERS 2Q 06:36 Pass 17yd #9 加藤 → #3 井上 K #14 青木 G 8-10
IBM 2Q 07:38 Pass 4yd #2 政本 → #14 遠藤 K #11 丸山 G 15-10
IBM 2Q 12:00 FG 32yd #11 丸山 18-10
IBM 3Q 03:21 Pass 8yd #2 政本 → #4 鈴木(恵) K #11 丸山 G 25-10
IBM 3Q 11:53 FG 42yd #11 丸山 28-10
IBM 4Q 08:47 Pass 20yd #9 馬島 → #88 三浦 K #11 丸山 G 35-10

RUSHING

背番号 members Att yards TD LG
4 鈴木(恵) (IBM) 3 29 0 14
26 Pressley (IBM) 6 25 1 9
2 政本 (IBM) 3 20 0 11
85 鈴木(隆) (IBM) 1 8 0 8
82 白根 (IBM) 1 2 0 2
20 石川 (IBM) 3 2 0 1
9 馬島 (IBM) 4 -2 0 10
18 井上 (IBM) 1 -3 0 0
Team (IBM) 3 -7 0 0
1 宮幸 (胎内) 11 51 0 11
5 松下 (胎内) 4 13 0 7
7 小川 (胎内) 1 6 0 6
24 川村 (胎内) 2 4 0 9
9 加藤 (胎内) 7 -18 0 6

PASSING

背番号 members Att COMP INT yards TD LG
2 政本 (IBM) 35 23 1 238 2 30
9 馬島 (IBM) 1 1 0 20 1 20
9 加藤 (胎内) 33 19 2 206 1 26
7 小川 (胎内) 1 0 0 0 0 0

RECEIVING

背番号 members NO yards TD LG
85 鈴木(隆) (IBM) 5 91 0 30
40 Stanton (IBM) 3 33 0 20
83 木村 (IBM) 2 31 0 27
88 三浦 (IBM) 2 31 1 20
80 小鳥居 (IBM) 3 23 0 11
82 白根 (IBM) 3 18 0 9
18 井上 (IBM) 1 9 0 9
87 松岡 (IBM) 1 9 0 9
4 鈴木(恵) (IBM) 2 9 1 8
14 遠藤 (IBM) 1 4 1 4
20 石川 (IBM) 1 0 0 0
15 田邊 (胎内) 4 71 0 22
3 井上 (胎内) 4 58 1 26
13 杉田 (胎内) 3 18 0 7
11 前田 (胎内) 2 17 0 9
83 石毛 (胎内) 2 14 0 9
24 川村 (胎内) 1 11 0 11
88 樋之本 (胎内) 1 11 0 11
7 小川 (胎内) 1 7 0 7
5 松下 (胎内) 1 -1 0 0

FIELD GOAL

背番号 members 1 2 3 4 5 ATT-GOOD
11 丸山 (IBM) 32 ○ 46 × 42 ○     2/3
14 青木 (胎内) 33 ○ 46 ×       1/2

PUNT

背番号 members 回数 yards TB
16 近藤 (IBM) 2 52 0
14 青木 (胎内) 3 129 0

KICK OFF RETURN

背番号 members 回数 yards TD
26 Pressley (IBM) 3 109 0
15 田邊 (胎内) 2 42 0
11 前田 (胎内) 1 24 0
24 川村 (胎内) 2 24 0

QB SACK

背番号 members 回数 yards
17 茂木 (IBM) 1 7
99 島野 (IBM) 1 7
19 植村 (IBM) 1 8
37 岡崎 (胎内) 1 7
98 有藤 (胎内) 1 2
99 山下 (胎内) 1 3

PUNT RETURN

背番号 members 回数 yards TD
14 遠藤 (IBM) 1 14 0
1 中谷 (IBM) 1 8 0
83 木村 (IBM) 1 0 0

INTERCEPTION

背番号 members 回数 yards TD
21 田尾 (IBM) 1 44 0
24 岸野 (IBM) 1 10 0
23 矢口 (胎内) 1 7 0

最新試合結果

BIGBLUE PARTNERS

日本情報通信株式会社 AIT 協和警備保障株式会社 SoftPlex BELL GROUP kyndryl PM Global E-net UOS 日立チャンネルソリューションズ株式会社 AEON MALL イオンモール幕張新都心 BATHCLIN ADP 幕張温泉 湯楽の湯 urgent! Drone Center JETSTROKE R&Y RENTAL ゴリゴリバーガー Tap Room Ilas JOY ROUTE