ルーキーMayuのパールボウル・オービック戦レポート

2019/06/08


こんにちは!RookieのMayuです。

6月17日(月)、第41回パールボウルアメリカンフットボール東日本選手権ファイナルが東京ドームにて行われました!







一昨年、昨年の雪辱を果たすべく、熱い想いが込もったBigBlueに対し、3連覇が懸かっているオービックシーガルズ。

1Qに先制点を許し、厳しい展開が続きましたが、2QにはBigBlueのフィールドゴールが決まり、3Qでは#14前田選手のタッチダウンレシーブ、4Qでは#2政本選手のタッチダウンと、着実に点を積み重ねて大奮闘!最後の最後まで諦めず戦い抜きましたが、15-31で試合終了となりました。

春シーズンを準優勝で終えたBigBlueですが、秋シーズンではこの悔しさをバネに、更に強くなった姿を見せてくれるでしょう!

そして、毎年恒例のハーフタイムショーでは、東日本チアリーダー15チーム総勢130人でのパフォーマンスを披露しました!
今年のテーマは"Live X"
世界的なロックバンドQueenの名曲にのせたダイナミックなダンスとスタンツで会場の熱も一気にヒートアップし、東京ドームが一体となった瞬間でした!

私はRookieとしてこの春シーズンを経験し、BigBlueを最後までサイドラインから応援出来たことを本当に嬉しく思っています。東京ドームの3塁側スタンドがBigBlue Familyの皆さまで一杯になっている景色を見た時は、胸が熱くなりました。今回感じた想いや、皆さまへの感謝の気持ちを忘れずに秋シーズンを迎えたいと思います!

秋シーズン初戦の相手は、富士通フロンティアーズです。
青色に染まるスタンド、BigBlue Familyの皆さまから聞こえる大きな声援は必ず選手の力になります!BigBlueと共に戦いましょう!
引き続き熱いご声援をよろしくお願いいたします。
Go BigBlue!



【次戦のお知らせ】
8月24日(土)17:00~
@富士通スタジアム川崎
vs.富士通フロンティアーズ