2020春シーズンで引退する、Aya、Yukaからのメッセージ

2020/09/13

2020春シーズンをもって引退となった、Aya、Yuka、2名のメッセージを掲載いたします。



【Aya】
BIG BLUE Familyの皆さまこんにちは、Ayaです。
私事ではありますが、2020年春シーズンを持ち、引退することとなりました。

大学時代からチアダンスの魅力に引き込まれた私は、チアリーダーとしてスポーツを応援する楽しさを知り、チアを通じてアメリカンフットボールに出会うことが出来ました。

私がBBCを知ったきっかけは、アメフトの本場、アメリカのNFLチアリーダーとして活躍されている方が、BBC出身であることを知った時でした。

初めてBBCを見た時は、女性らしいパフォーマンスに魅了され、私もBBCの一員になりたい!と強く思ったことを今でも覚えています。

初めてサイドラインに立った時は、とても緊張しましたが、スタジアム一丸となって選手を応援する雰囲気や、客席の皆さま一人一人と目が合う瞬間がとても嬉しく、応援することの楽しさを改めて実感いたしました。

試合の応援活動に留まらず、イベントの企画や、キッズチアリーダーへの指導等、沢山の経験をさせていただきました。

この素晴らしい経験を生かし、引退しても、人から憧れてもらえるような女性でいられるよう、今後も精進して参ります。

短い期間でしたが、BIG BLUEを応援してくださった皆さま、チームスタッフの皆さま、沢山の感動を与えてくれた選手の皆さま、個性豊かで尊敬するBBCの仲間に、心から感謝いたします。

BBCは引退しますが、今後は一人のファンとして、熱い声援を送ってまいります。皆さまも引き続き、ご声援宜しくお願いいたします!

今まで本当にありがとうございました。!


【Yuka】
BIG BLUE Familyの皆さまこんにちは、Yukaです。

この度、BBCを引退することになりました。昨年のこの時期にBBCに入ったばかりの私にとって、1年という短すぎる活動を経ての引退となります。まだまだBBCで学びたいこと、やり遂げたいこと、見たい景色がありましたが、急遽仕事で海外転勤が決まり、このような運びとなりました。

緊張と不安で押し潰されそうになりながらも、絶対に入りたい!と意気込んで受けたBBCのオーディションが昨日ことのようですが、そこからデビュー戦を迎え、がむしゃらに駆け抜けた昨シーズンでは、BIG BLUE  Family一丸となって選手を応援し、皆さまと一喜一憂しながら、試合の一瞬一瞬を共有することの素晴らしさを体感しました。

春シーズンは、未曾有の事態により新体制でのパフォーマンスが叶わなかったものの、チームで知恵を絞りながら、SNSなどを通じて新たな取り組みにチャレンジできたこと、そして何よりも幹部としてチームに関わることができたことは、大変貴重な経験となりました。

BBCでの活動、そしてBBCのメンバーは私にとってかけがえのない宝物です。短い時間ではありましたが、その期間以上に濃い1年となりました。これからは、BBCを、そしてBigBlueを、皆さまと一緒に全力で応援して参りたいと思います。

2020シーズンはこれからです!ルーキーを迎え、更にパワーアップしたBBCをどうぞ宜しくお願いします!

本当にありがとうございました。
Go BIG BLUE!