第一回チャレンジボウル

2005/01/17

Xリーグ初めての試みとして、Xリーグのイースト選抜チームとセントラル選抜チームによるオールスター戦- 第一回チャレンジボウルが1月15日横浜スタジアムで開催されました。冷たい雨の降る生憎の天候となりましたが、スタンドには熱心なフットボールファンやチーム関係者も多く詰めかけ、試合内容もオールスター戦とはいえ中身の濃いものとなりました。

試合概要

1Qはお互い譲らず無得点のまま終了。2Qに入っても膠着状態が続きますが、終了間際にオールセントラルのK#10竹島選手(日産)が28ヤード FGを決めて、0-3で前半を終了します。3Q中盤、オールイーストはRB#22五嶋選手(学生援護会)のTDランが反則で取り消し。しかし、その後のプ レーでQB#8鈴木選手(鹿島)からWR#3円谷選手(IBM)に22ヤードのTDパスが決まり、7-3と逆転します。この後オールセントラルの QB#12田選手が2TDパスを決めて試合を逆転し点差を広げます。4Qに入り、オールイーストもQB#17君川選手(五洋建設)からWR#87板井選手 (鹿島)へのTDパスで追い上げますが、オールセントラルもQBをQB#13冨澤選手に替えると2TDを追加し、最後はオールイースト14-30オールセ ントラルとなり、オールセントラルが勝利しました。

試合の様子を写真で...

試合前のセレモニーに整列する、BBCメンバー。寒さに負けず胸を張る姿が凛々しいです。 Q毎に、それぞれのチームチアが応援を担当。1QはBBCが試合を盛り上げます。
相手OLを抑えてQBにラッシュするDL#48鈴木選手。 ディフェンスキャプテンを務めるLB#7(#99)小西選手。
手堅い走りを見せるRB#39礒谷選手。 ライスボウルのハーフタイムを再演するXリーグチア。
燻し銀のプレーを見せるWR#81安田選手。 逆転のTDパスをレシーブしたWR#3(#83)円谷選手。
首尾の要で活躍のDB#18(#9)阿部選手。 自陣奥でインターセプトを見せたDB#20(#31)元野選手。
試合後敢闘賞を受け取るWR#3(#83)円谷選手。 最後は、選手、コーチ、BBCで記念撮影。

試合後の感想

オールスター戦という制約、少ない合同練習機会、雨天低温での試合と、決して条件は良くありませんでしたが、両選抜チームの選手は最後まで熱いプ レーを見せてくれました。日本のトップレベルのプレーヤーが集まると、これだけレベルの高い試合が出来るという事を証明してくれた良い試合だったと思いま す。その中でも、7名のBigBlue選手達の活躍が目立っていた事は、今シーズンのBigBlueの躍進を期待させるに十分だったと言えます。

厳しい環境の中、各チームのトレーナー、グランドスタッフの方が試合前から黙々と準備をし試合を支えていたことも印象的でした。Xリーグイースト/セントラル全チームの努力で、この第一回チャレンジボウルが成功したと言えます。皆さん、お疲れ様でした。

アーカイブ

BIGBLUE PARTNERS

 
 
  • UOS
  • 日立チャンネルソリューションズ株式会社
 
  • PM Global