2013リーグ組合せ(更新)

2012/12/16

本日開催されました、X/X2入替戦の結果、来シーズンの対戦チームに変更があります。

第一試合の富士ゼロックスミネルヴァAFC (Xリーグ12位)とハリケーンズ (X2リーグ EAST 1位)の対戦は、最後までもつれる内容ながら、同点の4Qに1TDを上げたハリケーンズが20-13で富士ゼロックスを振り切り、2010年シーズン以来3年振りのXリーグ再昇格を決めました。

続く第二試合は、ブルザイズ東京 (Xリーグ11位)と警視庁イーグルス(X2リーグ CENTRAL 1位)の対戦。この試合も接戦となり、お互いにFGを2本ずつ成功し6-6のまま4Qを終了。タイブレークではFGをここでも成功した警視庁がブルザイズを突き放し、Xリーグ昇格を決定しました。

この結果、2013年の地区組合せは以下の様に変更されます。警視庁イーグルスは、Xリーグ昇格は今回が初めてですが、Xリーグ開始以前、日本社会人リーグ(1980年代)には1部に所属した古豪チーム。1990年シーズンの東日本社会人1部Aブロックでのシーズンを最後に、その後2部、3部リーグに所属しましたが、今回23年振りにXリーグに戻ってくることになります。

なお、1991年シーズンには、IBM BigBlueと警視庁イーグルスは、同じ東日本社会人2部Aブロックに所属し、この時はBigBlueが35-17で勝利しています。この時同ブロックには、鹿島ディアーズ、清水建設ブルーサンダース(当時)、横浜ハーバース(当時)、日立ハリケーンズ(当時)が所属しており、BigBlueは鹿島に12-21で敗れたものの、その前の試合で鹿島は「ゼネコン対決」となった清水建設に7-13で敗れており、BigBlueと鹿島が4勝1敗で並びましたが、直接対決の結果で鹿島優勝、BigBlue 2位という結果になりました。なお、この時の3位チームが警視庁イーグルス(鹿島、BigBlueに敗れて、3勝2敗)でした。来シーズンの、IBM BigBlue vs 警視庁イーグルス戦は、それ以来の22年振りの対戦となります。

EAST      
  鹿島       
  富士通
  アサヒビール
  東京ガス
  日本ユニシス
  ハリケーンズ (昇格)
 
 CENTRAL
  オービック
  ノジマ相模原
  IBM
  明治安田
  オール三菱
  警視庁 (昇格)

アーカイブ