2014年シーズン用メンバーリストを更新しました

2014/08/23

2014年シーズンの、選手、コーチ、スタッフのメンバーリストを更新しました。

今シーズンは22名のルーキー(移籍、復帰含)が登録され、特にRBユニットとDLユニットは過半数の選手が入れ替わり、昨シーズンと大きく様変わりしましたが、その分今シーズンの活躍が期待されます。

オフェンスには9名のルーキーを登録。注目株はRBユニットの#21髙木稜選手#24前田眞郷選手です。関西学生リーグ時代の活躍は勿論、今春に開催された大学世界選手権でも活躍し、特に髙木選手は2試合でMVPを獲得しました。春の試合では、髙木選手は柔軟性のあるカットバック走法を見せ、これまでのBigBlueには見られなかったタイプの走りだけに期待が高まります。前田選手は主にレシーバーとして春は出場。サイズもあるため、QB#3クラフト選手のメインターゲットの一つとして、今シーズン期待されます。また、#26角悠介選手は、今年初めて開催したトライアウトで発掘された人材で、その運動能力の高さに注目が集まりました。春の試合でも堅実なランプレー見せてくれましたので、秋の試合でさらに飛躍することが期待されます。

ディフェンスには13名のルーキーを登録。こちらの注目はDLユニットに登録された、二人のアメリカ人選手、#5トゥイカトゥファーガ選手#34ジェームスブルックス選手。さらにこの巨漢選手にも引けを取らないオールジャパン選手の#99紀平充則選手も加わり、BigBlueのディフェンスラインは一気に重厚長大な壁に生まれ変わりました。さらにフロントラインだけでなく、守備の最後列にはサイズもスピードも備えた#1中谷祥吾選手が加入。春の試合では積極的にプレーに参加して、ルーキーらしからぬハードタックルで相手選手を苦しめていました。中谷選手を初め、DBユニットには最多5名のルーキーが加入。WR/TE/SBユニットに次ぐ大所帯となり、余裕のあるローテーションが可能になったため、スピード感のあるパスディフェンスが期待されます。上位チームと比べて失点数が大きく、それ故に今一歩上位進出に届かないシーズンが続きましたが、今シーズンのディフェンスには大いに期待出来そうです。

BigBlue 2014年の初戦は、8月30日 対明治安田パイレーツ戦(仙台市陸上競技場 13:00キックオフ)です。是非、今シーズンもBigBlueへ沢山のご声援をお願いいたします。

アーカイブ