2016年12月の壁紙を「ファンクラブ」に追加しました

2016/11/30

2016年12月の壁紙を「ファンクラブ」→「BigBlue 壁紙2016年」に追加しました。

素材はJapan X Bowlトーナメント準決勝・富士通戦は2Q終盤、DB#20矢部選手による、PATキックブロックからのリターンTDのシーンから。2Q終盤、富士通がTDを奪い、得点が7-16になった場面。TFPキックをDE#34ブルックス選手が右手でブロックすると、そのボールを矢部選手が拾い上げ、約80ヤードを独走してリターンTD。貴重な2点を奪い9-16と点差を縮めた場面です。矢部選手は、今シーズンもインターセプトにリターンにと大活躍した選手の一人です。このプレーを切っ掛けに試合の雰囲気が変わり、その後の試合展開に大きく影響したプレーでした。

富士通とは第一節の試合以上の接戦を繰り広げましたが、残念ながら最後に逆転サヨナラFGを許し、今シーズンが終了しました。今シーズンも最後まで沢山のご声援を頂き、ありがとうございました。来る2017年シーズンのIBM BigBlueにも、これまで以上のご声援をお願いいたします。

アーカイブ