あるOBの呟き- JXB準決勝 vs パナソニック インパルス戦

2018/11/27

苦労しながらもJapan X Bowl(JXB)準々決勝で、エレコム神戸ファイニーズとの再戦を制したBigBlue。JXB準決勝の相手は、昨年も同じく準決勝で対戦した西地区トップのパナソニックインパルス(以下、パナソニック)です。今シーズンのパナソニックは、リーグ戦で順調に勝ち星を積み上げ、最終節では富士通フロンティアーズに敗れますが、5勝1敗でリーグ戦を終了。同じく5勝1敗のBigBlueを試合強度で上回り、リーグ戦2位通過となりました。昨年の対戦では、BigBlueが先制のTDを奪うものの直ぐさま逆転され前半を折り返しますが、後半早々に同点に追いつくとさらにオンサイドキックの成功から逆転。4Qに再び同点に追いつかれますが、最後に再逆転のTDパスが成功し逃げ切りました。その雪辱に燃えるパナソニックの、この試合賭ける意気込みの強さは想像するまでもありません。

今シーズンのパナソニックは、さらに磨きのかかったディフェンスの強さが目立ちます。ここまでの7試合での失点は63点で、Super-9の中では最少失点を誇ります。また、1試合当たりの平均失点では6.3点となり、1TDの7点を下回っています。一方でチーム2年目となるQB#5アンダーソン選手率いるオフェンスは、7試合で257点を獲得していますが、Super-9の上位チームとの対戦では1TD差以内で勝敗が決まっており、BigBlueとしては僅差での競り合いに試合を持ち込むことで、勝機が生まれそうです。昨年の対戦では、QB#3クラフト選手のパッシングオフェンスが冴えましたが、今回はスターターが予想されるQB#2政本選手が、どれだけ対応出来るか注目されます。満員札止めとなったスタンドのファンが見守る中、コイントスで後半を選択したBigBlueのK#11佐藤選手のキックオフでいよいよ試合が始まります。
 

ちぐはぐなオフェンス、踏ん張るディフェンス

自陣24ヤードからのパナソニックのオープニングドライブは、RB#33横田選手のランにはDL#92トゥアウ選手、LB#5コグラン選手、LB#6大滝選手と対応しますが、QB#5アンダーソン選手のパスにはタックルするのが精一杯で、ダウン更新を許してしまいます。テンポ良くプレーを出してボールを進めるパナソニックに対して、厳しいQBチャージを仕掛けるものの巧みにタックルを掻い潜り、ゴール前11ヤードでファーストダウンを更新します。ここからパナソニックQB#5アンダーソン選手は、ゴールポスト下に走り込んできたWR#15頓花選手にTDパスを通し、先制の7点を奪います。

続くBigBlueのオープニングドライブは、WR#81栗原選手がキックオフボールを自陣48ヤード大きく戻しますが、3rdダウンコンバージョンのパスが失敗し4thダウンパント。2回目のパナソニックの攻撃シリーズは、3rdダウンのパスを失敗させますが、ここでホールディングの反則で逆にダウン更新を許してしまいます。その後パナソニックは、4thダウン4ヤードとなりパントの体型を作りますが、ここでセンターからRB#29牧田選手へボールがダイレクトスナップされダウンを更新。さらに再びBigBlueにホールディングの反則が発生し、ゴール前18ヤードでファーストダウンを更新します。1stダウンのプレーでは、前のTD同様ゴールポスト下のWR#15頓花選手へTDパスが投じられますが、これをDB#25寺中選手がインターセプト。そのままダウンをしてタッチバックとし、窮地を救います。

自陣20ヤードからのBigBlueの攻撃は、QB#2政本選手のキープで12ヤード進み、ダウンを更新した所で2Qに入ります。WR#85鈴木選手、TE#40スタントン選手とパスが通り、続けてダウンを更新して敵陣に入ります。ところが、QB#2政本選手とRB#21髙木選手がまだセットしないうちに、C#66伊藤選手がスナップを出してしまい、ボールは後方に転がっていきます。幸いにも直ぐにRB#21髙木選手が確保しますが、これで大きく21ヤードの後退となってしまいます。結局この後退が響きダウン更新出来ず、攻撃権はパントでパナソニックに移動します。

リズムに乗れないオフェンスですが、その分ディフェンスが踏ん張ります。自陣13ヤードと奥からのスタートとなったパナソニックは、QB#5アンダーソン選手のオープンドローでダウンを更新します。さらにQB#5アンダーソン選手からWR#15頓花選手へボールがトスされると、そこからさらにWR#88木戸選手へボールが渡りますが、DB#1中谷選手とLB#5コグラン選手がファーストダウン更新手前で止めます。2ndダウンショートでは、DB#13神津選手とDL#98森田選手のラッシュを受けながらもQB#5アンダーソン選手はパスを投げますが、これをDB#23保宗選手がジャンピングキャッチでインターセプト。攻撃権を奪い返して、BigBlueの自陣44ヤードからの攻撃が始まります。

自陣44ヤードからのBigBlueの攻撃は、RB#19鈴木選手のラン、WR#84近江選手へのパスで前進すると、QB#2政本選手のQBドローで一気に敵陣30ヤードまで20ヤード進みファーストダウンを更新します。しかし次のプレーではQBサックを受けて6ヤード後退するものの、2ndダウンでは左にスプリントアウトし8ヤード前進。3rdダウンロングとなりますが、RB#21髙木選手が中央から左オープンにカットバックし、ゴール前16ヤードまで攻め込みます。ここからTDを狙うQB#2政本選手ですが、パスカバーも厚く逆にサックを受けて後退。4thダウンとなり、K#11佐藤選手が登場すると、42ヤードFGを成功させ、3-7となんとか点差を縮めます。

失点してもリードを護ったパナソニックは、残り2分余りでさらに点差を広げて折り返したいところ。自陣31ヤードからの最初のプレーでは、RB#33横田選手が左オフタックルを抜けると一気に敵陣に入る21ヤードのロングゲイン。さらにパスが続けて成功し、ゴール前34ヤードでダウンを更新します。ここからTDを狙うパナソニックオフェンスですが、パスの軌道が定まらず3回続けて失敗。K#16佐伯選手が51ヤードのFGを狙います。スナップと同時にラッシュしたDL#92トゥアウ選手は、スクリメージラインを割って入ると、ボールをリフレクト。これで失速したボールはゴールポストに届かずFGは失敗となります。この後BigBlueのプレー中に時計が進み、3-7と僅差の接戦で前半を折り返します。
 

3Qに一気に反攻、最後もディフェンスが決める

ミスは有りましたが、致命傷にはならずに終わった前半。後半は、WR#81栗原選手がキックオフを大きく50ヤードまで戻しますが、オフサイドの反則で5ヤード下げられて、自陣45ヤードからBigBlueの1stダウンが始まります。QB#2政本選手からWR#85鈴木選手へのダウン更新のパスが決まると、今度はRB#21髙木選手へのスクリーンパスが成功し、ゴール前6ヤードまで一気に攻め込みます。そして最後は、一呼吸置いてから髙木選手をリードブロッカーにQB#2政本選手が中央を抜けると、LB#47松永選手のタックルを交わし、さらにDB#19小原選手のタックルを飛び越えてTDを奪います。後半開始3プレー40秒余りの早業で10-7と逆転します。

次のキックオフでは、K#8小田倉選手とK#11佐藤選手がトリッキーなキックを見せますが、オフサイドで罰退。蹴り直したキックをDB#12エドワード選手が自陣38ヤードまで戻して、パナソニック後半最初の攻撃が始まります。最初のプレーはRB#33横田選手の左オープン。タックルを受けながらも大きくゲイン。次もRB#33横田選手が左オープンをつきますがDB#1中谷選手、DB#23保宗選手のタックルを受けた後負傷したのかベンチに下がります。QB#5アンダーソン選手のキープで10ヤード前進を許すものの、以後のプレーをディフェンスが防ぎきり、このシリーズは4thダウンでK#16佐伯選手が今度は51ヤードFGを成功させ、10-10の同点となります。

次のBigBlueの攻撃では、前進するも反則で後退し3rdダウンロングとなると、QB#3クラフト選手が登場。タイミングを計りパスを投じると、DB二人と競り合いながらもWR#82白根選手がキャッチ。そのまま独走し、ゴール前6ヤードまで運びます。しかし白根選手が一度外に出ていたという判定からプレーは取消。4thダウンパントで攻撃権が移動します。続くパナソニックの攻撃は、RB#26藤本選手の3回のランを止め、こちらも4thダウンパントで攻撃権が移動します。自陣19ヤードで3rdダウン5ヤードの場面、先ほどのクラフト選手の場合同様、タイミングを計ってQB#2政本選手が投じたパスは、フリーになっていたWR#85鈴木選手がキャッチ。そのままゴール前5ヤードまで運びます。密集隊形からQB#2政本選手のダイブは3ヤードの前進。パス失敗の後の3rdダウンでは、右パイロン際のTE#40スタントン選手へのショートパスが成功し、17-10と再逆転します。

テンポの良いオフェンスは、ディフェンスも活性化させます。RB#26藤本選手を2ヤードのロスタックルに仕留めたDL#34ブルックス選手は、3rdダウンで右にスプリントアウトするQB#5アンダーソン選手の背後からタックル。これでボールが溢れてファンブルとなると、DB#13神津選手がボールを拾い上げてエンドゾーンに運び込みTDとなります。しかしフィールドの判定は、タックル時に「ボールデッド」。これに対してサイドラインからチャレンジが要求されます。しばらくのビデオレビュー後判定が覆り、ファンブルからのリターンTDに変更され、24-10と点差が広がります。結果的に3Qに3TDを奪う猛攻をBigBlueが見せて、試合は最終4Qに入ります。

キックオフをWR#15頓花選手が大きく敵陣48ヤード戻してのパナソニックの攻撃は、ラッシュで開いた中央をQB#5アンダーソン選手が抜けて大きく21ヤードの前進。さらにWR#89小山選手へのパスが通り、ボールはゴール前11ヤードまで進みダウンを更新します。2回パスが失敗した3rdダウン、ドロップバックから正面に投じられたパスを、WR#15頓花選手がエンドゾーンぎりぎりでキャッチし、この試合2本目のTDレシーブとなります。24-17と1TD差となり、まだ4Qは11分近く残る中のBigBlueの攻撃は、相手の反則や政本選手のランでダウンを更新すると、WR#18上廣選手への32ヤードパスが成功し一気にゴール前19ヤードまで前進します。ここからWR#84近江選手へTDパスが通りますが、ホールディングの反則で取消。4thダウン1ヤードとなり、ここで強気にギャンブルを選択します。プレーは、左パイロン際TE#40スタントン選手へのパスでしたが、これをDB#19小原選手がカット。好守が交替します。

パナソニックの攻撃は、WR#15頓花選手へのパスで大きく34ヤード前進しますが、その後はDL#34ブルックス選手、LB#6大滝選手、LB#33加藤選手と次々にQBにラッシュ。これでタイミングが狂ったか、投じられたパスをDB#41森岡選手がインターセプトし、攻撃権が移動します。残り3分46秒からのBigBlueの攻撃は、相手のタイムアウトを使い切らせ、さらにP#11佐藤選手のキックはゴール前9ヤードで止まります。時計が止められないパナソニックは、パスに活路を見いだしますがディフェンスも厚く厳しい状況に。3rdダウンロングからのプレーでは、QBのフォワードモーションの右腕をDL#34ブルックス選手が叩き、空中に浮いたボールを自らキャッチ。残念ながらリターンTDにはなりませんでしたが、この試合4回目のパスインターセプトとなりました。この後45秒をニーダウンで流し、激戦を24-17でBigBlueが昨年に続き勝利しました。
 

「三度目の正直」で決める

昨年の対戦でも、4QにBigBlueが逆転した後に、DB#25寺中選手、DB#32小林選手のインターセプトで相手の反撃を裁ち切り勝利に繋がりましたが、今回も3Qの3TDの猛攻の後、4QのDB#41森岡選手、そしてDL#34ブルックス選手のパスインターセプトが勝利を呼び込みました。今シーズンからディフェンスを指揮する、カウマイヤーディフェンスコーディネーター(DC)の指導が、着実に成果に結びついている証拠と言えるでしょう。まだまだ、ラッシュの甘さやDBのカバレッジなど課題は散見されるものの、JXB決勝戦に向けて期待が膨らむ結果だったと言えるでしょう。オフェンスも、前半はつまらないミスが有ったりして得点のチャンスを自ら失っていた印象ですが、3Q開始直後のカウンターアタックの成功が、その後の猛攻に繋がったと言えます。しかし良いリズムを掴んでいたものの、反則でチャンスを逃す場合もあり、さらにプレーの精度を高める努力が、次の試合までの課題と言えるでしょう。ただ、前回のエレコム神戸戦や今回のパナソニック戦の様に、以前なら自滅するような状況においてもしっかりとプレーを立て直して修正できる点は、昨年までのチームでは不足していた大きな力だと言えます。

同時刻に行われた東地区での準決勝の結果は、13-10で富士通がオービックに勝利し、Japan X Bowlでの対戦は昨年に続きIBM BigBlue対富士通フロンティアーズの対戦となりました。昨年のJXBでは、23-63と完敗。今年のリーグ戦初戦でも6-41と完敗しており、正直なところBigBlue取って楽観的な要素は殆どありません。ただ、敢えて言えば、その6-41の大敗からスタートした今シーズンのチームが、苦しみながらもリーグ戦を過去最高の5勝1敗で勝ち抜き、さらに条件的には不利な3回の関西遠征試合も、すべて勝ち抜け、最後は10-17で敗れたとは言え、その富士通と互角の試合をしたパナソニックと競り勝つところまで成長してきました。焦らず奢らず、ここまでの積み重ねを信じて三週間を有効に活用し、今回は富士通から初勝利を勝ち取って欲しいと思います。Go BigBlue!

アーカイブ